バイクをローンで買うのに保証人は?(ホンダ スティード400)|中古バイク・新車検索 バイクライフ応援サイト!BBB

BBB

バイクにまつわる疑問に経験豊富なバイク屋さんがお答えします!

2008年05月03日(土)

バイクをローンで買うのに保証人は?(ホンダ スティード400) [登録・費用・法律]

画像(80x80)


車種名  = ホンダ スティード
年式   = 不明
走行距離 = 不明


僕は今年高校を卒業した18歳です。ホンダのスティードを購入しようと考えています。
一括して買うお金が無いので、ローンで買おうと思っているのですが、友人に「保証人が必要だ」と言われました。

保証人は18歳の未成年ではいけないんですか?また、親に保証人になって頂こうと考えてもいますが、(親=保証人の)承諾書等があれば、僕一人でショップに出向いて車両を購入することが出来ますか?

ユーザー:Tadashiさんからの投稿



画像(85x85)

ANSWER:1 ( 長野県飯田市:ハラホンダ )

■クレジット決済〜ご購入は未成年者・単身では難しいと思います




≪ クレジットについて ≫
ローンを組もうとした場合(クレジット会社によっても若干違いがありますが)基本的に勤続年数を聞かれると思います。また、未成年者の場合はクレジットそのものが使用できない場合が多いです。そのため今年卒業という状況で、貴方様が単身でクレジットを使うのは難しいと思います。

≪ 車両購入について ≫
さらに「スティードを購入したい」とのことですが、売買契約をするならば、まず、契約の段階で、未成年者の場合、親権者の了解が要りますので、親御さんと一緒にお店に行かれた方が良いと思います。

その上で、クレジットの契約書を交わすわけですが、親御さんが一緒であれば、その場で契約書を書いてもらって(原則自筆なので)、親御さんにクレジットの契約者になってもらい、自分の口座から引落しにしたり、自分の名前を保証人に使うなどの方法を取られれば良いと思います。

「保証人は未成年者の友達ではダメでしょうか?」ということですが…
上記と同じ理由で、恐らくクレジット及びローン会社は承認してくれないと思います。

※保証人とは…『契約者自身に、確固たる信用がない場合に、その契約内容を見た上で、保証する人=契約者が支払えなかった場合は、変わりに支払う人物』ということなので、必ず自分よりも社会的に信用の高い人になります。また複数保証人をつけることで信用を増す場合もありますが、いずれにしても、未成年者では難しいと思います。



画像(80x57)

ANSWER:2

■やはり、親御さんに保証人になってもらいましょう


「保証人は18歳の未成年ではいけないんですか?」
⇒ダメです。

民法により未成年は保証人になれません。また成人でもフリーターとか赤の他人また、親族でも女子大生などで収入がなければ、ローン審査で落とされます。やはり、親御さんに保証人になってもらいましょう。

「(親=保証人の)『承諾書』等があれば、一人でショップに出向いて購入出来ますか?」

実際面では、ローン申込用紙に保証人の署名捺印する欄が有り、それを親御さんに記入してもらう事になります。貴方が持って帰っても、郵送でも可能です。わざわざショップに来ていただく必要は有りません。


ホンダ スティード400の新車・中古車を探す | ホンダ スティード400のパーツを探す | ホンダ スティード400のレビューを見る | ホンダ スティード400に関する他のQ&Aを見る

コメントを投稿するコメントを読む ( 0件 )

     

コメント

このQ&Aにコメントを投稿する

※ここは質問に対するコメント記入欄です。回答して頂いたお礼や追記などにご利用ください。
 一般の方からのアドバイスもこちらから投稿することができます。
 投稿されたコメントはBBB編集部で内容を確認後、公開されます。(必要に応じて加筆修正される場合もあります)
 質問・回答と関係のない内容や新規の質問。また誹謗中傷、不快な内容が含まれる投稿は予告なく削除する場合があります。
コメント欄に新規の質問を投稿されても、バイク屋さんには届きません。
新規の質問は質問受付コーナーから受け付けております。

ハンドルネーム:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック
コメント:

ページのトップへ ページのトップへ

2000問以上のQ&Aの中から
2000問以上のQ&Aの中から車名や症状で探して解決!検索コーナー
車名や症状で探して解決!

バイク屋さんに聞いてみよう!

バイク屋さんに質問する!
ただ今 質問受付中

最近回答したバイク屋さん

カテゴリーリスト

最近のコメント

RSS1.0

powered by a-blog