14
最近見たバイク
8
気になるバイク

カテゴリ:バイクの名前・種類

クォーター バイクの名前・種類

英語で1/4の意味。バイクでは1000ccの1/4、つまり250ccのバイクの事をいう。 クォータークラスのバイクは車検が必要ないため、維持費が安価である。2台目には最適のクラスと言えよう。またこのクラスは中古バイクの方がジャンルが豊富な傾向が見えるのも参考にして欲しい。

[記事全文]

メガクルーザー バイクの名前・種類

近年カテゴライズされたジャンルである「メガクルーザー」。これはその名の通り、豪快なクルージングを提供してくれるバイクのジャンルを指している。明確な定義は存在しないが、大排気量クルーザーの事を指すことが多い。 『クルーザー』というジャンル自体は、大体アメリカンのことをいう(アメリカ本国でアメリカン系のバイクをクルーザーというため)が、メガクルーザーの中にはホンダのGLシリーズやBMWのR1200など …

[記事全文]

サイドカー バイクの名前・種類

オートバイの横にもう1輪設置してフレームで結び、その間のスペースに人や荷物を乗せることができるバイクや、横に取り付ける部分そのもののことをいう。 「側車」とも呼ばれるが、正式名称は車検証では「側車付オートバイ」、道路運送車両法では「側車付自動二輪車」と呼ばれる。側車は左右どちらにつけても問題はないが、日本では一般的に左側に側車を設置する。 つまり、自動車のハンドルの位置と同じ側にバイクを設置するこ …

[記事全文]

トラッカー バイクの名前・種類

トラックコース(1週200m〜1600m)をドリフトさせながら走るレースマシンが元になったバイクのスタイル。 特長としては、細身のフレームにシングルエンジンを搭載しオン・オフ兼用のタイヤを履く。排気量も50〜400ccくらいと様々だが、厳密に言うとリアがディスクブレーキでなくてはいけないとする見方もある。(リアをロックさせてドリフトさせるため、ドラムブレーキでは制動力が不十分なのだ) 日本ではヤマ …

[記事全文]

スクランブラー バイクの名前・種類

市街地走行からオフロードまで様々な用途に適応するバイクのことを指す。デュアルパーパスと近い意味合いだが、バイクの形状は異なる。 元々は悪路を走破するレース「スクランブルレース」で使用するバイクの事を「スクランブラー」と呼んでいたことが語源。悪路から市街地等どこでも走る事が出来ることから、市街地走行からオフロードまで様々な用途に適応するバイクのことをこう呼ぶようになった。 車体のデザインはトレールバ …

[記事全文]

カフェレーサー バイクの名前・種類

一般的にビキニカウルやメガホンタイプのマフラー、細長いタンクなど、60年代のイギリスのバイクを意識したカスタム車両の事を言う。現在ではSRやCB400SS等をベースに、ハンドルをセパハンにしたり、ハーフカウルを装着したりして、カフェレーサースタイルのカスタムを行うユーザーが多い。とはいえネイキッドタイプの車両をベースにすればいかなるバイクでも実現可能なスタイルでもある。 もともとの語源は、50年代 …

[記事全文]

ツアラー バイクの名前・種類

長距離ツーリングに向いているバイクのジャンル。カワサキのZZRシリーズや、ヤマハのFJ/FJRシリーズなどが代表的である。 主に、・防風性に優れた大柄なカウリングを装着・防風性に優れた大型のスクリーンを装着・トルクフルで静粛性の高いエンジン・パニアケースを装備するなどした高い積載用量・タンデムライダーのことを考慮したシート・シート自体が疲労を感じさせない作り といった長距離走行時にストレスを感じさ …

[記事全文]

モタード バイクの名前・種類

オフロードバイクにオンロード用タイヤを履いたバイクのジャンル。スーパーモタードの略称で一般的に「モタード」と呼ばれている。 語源はヨーロッパで非常に人気のある「スーパーモタード」というレースである。オンロードコースで派手なスライドコントロール(ドリフト)を見せる、過激なレース。ここで走る車両はオフロードバイクにオンロードタイヤを履かせた車両で、そのスタイルを一般公道に再現したのがこのジャンルである …

[記事全文]

ネイキッド バイクの名前・種類

カウルの無いバイクのジャンル。現在では最も一般的なジャンルと言える。ホンダのCBシリーズ、ヤマハのXJRシリーズ、スズキのGSシリーズ、カワサキのZRX、ゼファー等が代表的。 カウルレスなのでエンジンやエキゾーストパイプの美しさを表現できるのがネイキッドならでは。そのためエンジン自体のデザインに開発段階からこだわったものが多い。また社外のマフラーも、エキゾーストパイプの取り回しや形状、色など各社多 …

[記事全文]