14
最近見たバイク
8
気になるバイク

カテゴリ:ライディング関連

スナッピング ライディング関連

アクセルを開き、すぐに戻す動作のこと。「ブリッピング」とも呼ぶ。 エンジンのレスポンス(反応)を確かめる時に行うことが多い。セッティングを出した後のレスポンスチェック等の際に行ったりする。 バイクを購入する際、中古車または試乗車などで、かつエンジンをかけられるものであれば、一度はスナッピングをしてエンジンのレスポンスがイメージ通りかは体感しておくべきだろう。

[記事全文]

ジャックナイフ ライディング関連

フロントブレーキを強くかけて、その勢いでリアタイヤを浮かすテクニックの事を言う。 バイクの勢いを一気にブレーキで止め、その勢いでリアタイヤを浮かせるので、エンジンパワーなどを一切使わない技術が資本の技。そのためかなりの高度な技術を要するテクニックでもある。 トライアルライダー等は、結構簡単にこの技を、しかも長時間リアタイヤを浮かして見せるが、それは物凄いテクニックの上で成り立っているというわけだ。 …

[記事全文]

シフトアップ ライディング関連

シフトアップとは、ギアを一段以上、上のギアポジションに上げる(変速する)こと。 走行速度に合わせて適正なギアポジションに変更するのがセオリー。ただスポーツ走行時は変速タイミングを遅らせる=エンジンを高回転まで回す状態で変速をした方が、よりパワーを搾り出す事ができる。 だがシフトアップを遅らせすぎたり、忘れたりしてエンジンの許容回転数(レッドゾーン)を超えてしまったりすると、エンジンに思わぬダメージ …

[記事全文]

シフトダウン ライディング関連

シフトダウンとは、ギアを一段以上、下のギアポジションに落とす(変速する)こと。 シフトダウンをするとギアの変速比が変わるため、エンジンが高回転時にシフトダウンすると、さらにエンジンが高回転まで回ろうとして、エンジントラブルに直結してしまう。シフトダウンをする際はある程度回転数が落ちた段階でシフトダウンをする様にしよう。 また、高回転時のシフトダウンはエンジンブレーキが強力に聞いてしまうため最悪リア …

[記事全文]

フルスロットル ライディング関連

アクセルを「全開」にする事をいう。意味合い的には「全開走行」「猛ダッシュ」といったニュアンスもあるだろうか。 リッタークラスのスポーツ系バイクになると、気軽にフルスロットル状態に出来なくなる。理由は簡単。公道ではパワーが大きすぎて危険が伴うからだ。ちなみに、フルスロットルでは燃料も大量に消費する状態になるので、必要時以外ではあまり多用しないことをお勧めする。

[記事全文]

タンデム ライディング関連

バイクの二人乗りのことをタンデムと言う。それ以外では、二台並んで走行することをタンデム走行とも言うが、主に二人乗りの事を指すことが多い。 バイクは二人乗りをすることにより、一人で乗る時と大幅に重量のバランスが変化してくる。結果的に操作性に大きな影響が発生するので、二人乗りはある程度技術を身に付けてから行うことをお勧めしたい。 実際法規制でも、一年以上の運転経験があるライダーのみ二人乗りが許される。 …

[記事全文]

ニーグリップ ライディング関連

ニーグリップとはバイクを上手に乗るために必要な基本的なライディング技術の一つである。 乗車する際に、膝もしくは内腿でタンクをはさむようにすることをニーグリップと呼ぶ。これを行うことにより、安定してバイクを操作することが可能になるため、教習所等で必ず習う基本的なライディングテクニックである。 ニーグリップを行い下半身を適度にホールドさせる事により、上半身に無駄な力をかけずに済み、結果的に自由度の高い …

[記事全文]

ハイサイド ライディング関連

走行中に起こる現象の一つで、ハイサイドが起こるとライダーはバイクから弾き飛ばされるような状態になる。 コーナリング走行中にリヤタイヤのグリップが失われ、スリップした状態で、突然リヤタイヤにグリップが戻ると、リヤサスペンションが急激に沈んでしまう。そして沈んだリヤサスペンションが一気に戻ると、その強力な反発力によりライダーが弾き飛ばされるような挙動を見せる。 ハイサイドではコーナーの外側にバイクとラ …

[記事全文]

ハングオン ライディング関連

コーナリング走行時にライダーがイン側に腰をずらして、膝を地面にするようにして曲がるライディングテクニックのことを言う。バイクにぶら下がっている様に見えることから「ハングオン」と呼ばれている。また「ハングオフ」とも呼ばれている。 このライディングテクニックは、体の重心をバイクよりさらにイン側にずらす事によって、バイクの傾き(バンク角)をより深くする事が可能となる。深くなったバンク角は結果として、コー …

[記事全文]

ウィリー ライディング関連

バイクのフロントタイヤを路面から持ち上げたまま走行すること。 ハイパワーバイクだとフロント荷重が足らないと簡単にフロントタイヤが路面から離れるが、これはウィリーとは呼ばない。これはフロントタイヤが上がっている時間がある程度長くないとウィリーとは呼ばないためである。 ウィリー走行を行うと、前方の視界がほぼ失われる上に、フロントブレーキが使用できなくなる⇒制動が利かない状態に陥る為、閉鎖された路面で行 …

[記事全文]