14
最近見たバイク
8
気になるバイク

フォーク パーツ名関連

バイクの前輪と車体を繋ぐ棒のこと。2本の棒の間にタイヤが挟まれるような形になる。

フォークはサスペンションの一種であり、単にタイヤと車体を繋ぐだけでなく、路面の衝撃を吸収する役割を持っている。したがって外見では分からないが、内部にはスプリングと減衰装置が組み込まれているのだ。

フォークには構造によって『正立』と『倒立』と呼ばれるものの2種類がある。これはアウターチューブがフォークの上部にあるか、下部にあるかによって決まる。

正立…アウターチューブがタイヤ側(下部)にある物。倒立に比べ剛性面では劣るが、コスト面等から多くのバイクのフォークは正立タイプを用いている。

倒立…アウターチューブがフレーム側(上部)にある物。剛性が強く、かつ重量のあるアウターチューブがフレーム側にあるため、バネ下重量が小さくなっている。しかしコスト面で若干劣るために、スポーツバイク等の運動性が高いバイクに用いられている事が多い。

フォークも長期使用による劣化があり、メンテナンスが必要である。特にフォークオイルの交換は定期的な交換が必要となるので、頭のどこかに入れておくといい。過走行車の場合はオーバーホールをお勧めする。足回りのリフレッシュは乗り心地や安定性が一変し、体感できるメンテナンスの一つだからだ。