14
最近見たバイク
8
気になるバイク

サイドスタンド バイクの構造

バイクを停車させるために出すスタンドのこと。その名の通りセンタースタンドとは異なり、横側(サイド)についているスタンドとなる。

一般的に車体の左側にあり、車体を左側に傾けながら停車させる。センタースタンドと異なり、車体を持ち上げる必要も無いので、容易に停車する事が出来る。

あまりに簡単にスタンドの出し入れが出来るため、うっかりサイドスタンドを出したまま走行してしまうこともありえるほど。しかしサイドスタンドを出したままの走行は非常に危険が伴う。そのため、多くのバイクには『サイドスタンドスイッチ』があり、スタンドを出したまま走行出来ないような仕組みが取り入れられている。
ちなみにこのスイッチが故障すると、サイドスタンドを上げていてもいきなりエンジンが停止するような現象が発生する。ギアを入れた瞬間、及びクラッチを離した瞬間に一気にエンジン回転が下がる場合、このスイッチを確認するといいだろう。