14
最近見たバイク
8
気になるバイク

ロック(タイヤ) その他

タイヤが「ロック」するというのは、強力なブレーキなどで車体は動いているのにタイヤだけ回転しなくなる状態のことをいう。 バイクが走行しているとき、あたりまえだが前後輪ともに回転している。しかしパニックブレーキ等で、急激なブレーキをかけると、タイヤのグリップを越えた時点でタイヤだけ回転を止める(ロック)してしまう。この状態ではブレーキシステムを有効に使えないため制動距離が伸びることがあるだけでなく、ロ …

[記事全文]

ABS バイクの構造

ABSとはアンチ・ロック・ブレーキングシステムのことで、一般的に「エービーエス」と読む。カンタンに言えば英語をそのまま訳したとおりの、「ロックさせないブレーキシステム」の事を言う。 ここ数年になってスクーターや一部のツアラー等で徐々にABS搭載バイクが増加している。とはいえ自動車ほどの普及率ではなく、まだまだ認知されている度合いが低いといえるだろう。 この機能はホイールに取り付けられたセンサーを元 …

[記事全文]

スリッパークラッチ バイクの構造

スリッパークラッチとは現在徐々に増えつつあるクラッチの機構で、強いエンジンブレーキを緩和する機能である。「スリッパークラッチ」と呼ばれる前はよく「バックトルクリミッター」と呼ばれ、こちらのほうが馴染みのあるライダーも多いだろう。 スリッパークラッチは、高回転でのシフトダウンなど、急激なエンジンブレーキ(バックトルク)がかかると、自動的にクラッチを滑らせてエンジンブレーキを弱くする。これによりエンジ …

[記事全文]

クォーター バイクの名前・種類

英語で1/4の意味。バイクでは1000ccの1/4、つまり250ccのバイクの事をいう。 クォータークラスのバイクは車検が必要ないため、維持費が安価である。2台目には最適のクラスと言えよう。またこのクラスは中古バイクの方がジャンルが豊富な傾向が見えるのも参考にして欲しい。

[記事全文]

サイドスタンド バイクの構造

バイクを停車させるために出すスタンドのこと。その名の通りセンタースタンドとは異なり、横側(サイド)についているスタンドとなる。 一般的に車体の左側にあり、車体を左側に傾けながら停車させる。センタースタンドと異なり、車体を持ち上げる必要も無いので、容易に停車する事が出来る。 あまりに簡単にスタンドの出し入れが出来るため、うっかりサイドスタンドを出したまま走行してしまうこともありえるほど。しかしサイド …

[記事全文]

汎用パーツ バイク用品関連

様々なケースで使用できるパーツ。例えば車種を問わず装着できるものなどを指す。 汎用と言う言葉自体が、「広くいろいろな方面に用いること」という意味がある。まさにその意味を持った「広い方面で使える」パーツというわけだ。 汎用パーツは専用パーツに比べどんなものにでも使える代わりに、専用ならではの特色や性能に劣る場合がある。とはいえ専用パーツがないような希少車や、旧車では非常に重宝する。 専用パーツが豊富 …

[記事全文]

メガクルーザー バイクの名前・種類

近年カテゴライズされたジャンルである「メガクルーザー」。これはその名の通り、豪快なクルージングを提供してくれるバイクのジャンルを指している。明確な定義は存在しないが、大排気量クルーザーの事を指すことが多い。 『クルーザー』というジャンル自体は、大体アメリカンのことをいう(アメリカ本国でアメリカン系のバイクをクルーザーというため)が、メガクルーザーの中にはホンダのGLシリーズやBMWのR1200など …

[記事全文]

サイドカー バイクの名前・種類

オートバイの横にもう1輪設置してフレームで結び、その間のスペースに人や荷物を乗せることができるバイクや、横に取り付ける部分そのもののことをいう。 「側車」とも呼ばれるが、正式名称は車検証では「側車付オートバイ」、道路運送車両法では「側車付自動二輪車」と呼ばれる。側車は左右どちらにつけても問題はないが、日本では一般的に左側に側車を設置する。 つまり、自動車のハンドルの位置と同じ側にバイクを設置するこ …

[記事全文]

レストア その他

動かなくなってしまったバイクや調子の悪いバイク、見た目にも損傷が激しいバイクを蘇らせる作業のことをレストアという。 一般的にいう「修理」とは意味合いが違い、どちらかといえば「修復・復元」に近い。また、現在では生産終了しているものや製造から十数年以上たったバイクを対象に、「レストアする」と使われることが多いが、実際のところ明確な区切りというものはない。 レストアの具体的な作業としては、一度全てのパー …

[記事全文]

インシュレーター パーツ名関連

エンジンとスロットルボディ(インジェクションの場合)やキャブレターとを接続する樹脂製パーツ。 正確にはシリンダーヘッドの吸気口と、キャブレターもしくはスロットルボディのエンジン側とを繋げている。樹脂製パーツなので、経年劣化してくるとパーツ自体の柔軟性がなくなり、隙間やひび割れが発生したりすることがある。それが2時エアの吸い込みの原因になったりして、しばしばエンジントラブルの原因を引き起こす。 ちな …

[記事全文]