14
最近見たバイク
8
気になるバイク

スナッピング ライディング関連

アクセルを開き、すぐに戻す動作のこと。「ブリッピング」とも呼ぶ。 エンジンのレスポンス(反応)を確かめる時に行うことが多い。セッティングを出した後のレスポンスチェック等の際に行ったりする。 バイクを購入する際、中古車または試乗車などで、かつエンジンをかけられるものであれば、一度はスナッピングをしてエンジンのレスポンスがイメージ通りかは体感しておくべきだろう。

[記事全文]

デスモドロミック バイクの構造

ドゥカティ好きならおなじみの「デスモドロミック」。これはエンジンのバルブ機構の名称をいう。 デスモドロミックエンジンのバルブ機構は、一般的なエンジンと異なり、バルブスプリングを持たない「強制開閉機構」を採用している。これはバルブの開き用、閉じ用2本のカムを使用し、強制的にバルブの開閉を行うというもの。この機構の歴史は古く、メルセデス・ベンツやプジョーなど、多くのメーカーがレースで採用してきたらしい …

[記事全文]

インナーチューブ パーツ名関連

フロントフォークを構成する部品の名称。 フォークが縮んだ時に、アウターチューブ(外側のケース)に入り込む側の部分。サビが発生するとフォークのオイル漏れの原因になるので、定期的にチェックしておきたい。 ちなみに、インナーチューブが上部(ステム側)にあるものは『正立フォーク』、下部(タイヤ側)にあるものは『倒立フォーク』と呼ばれる。

[記事全文]

ABS バイクの構造

ABSとはアンチ・ロック・ブレーキングシステムのことで、一般的に「エービーエス」と読む。カンタンに言えば英語をそのまま訳したとおりの、「ロックさせないブレーキシステム」の事を言う。 ここ数年になってスクーターや一部のツアラー等で徐々にABS搭載バイクが増加している。とはいえ自動車ほどの普及率ではなく、まだまだ認知されている度合いが低いといえるだろう。 この機能はホイールに取り付けられたセンサーを元 …

[記事全文]

スリッパークラッチ バイクの構造

スリッパークラッチとは現在徐々に増えつつあるクラッチの機構で、強いエンジンブレーキを緩和する機能である。「スリッパークラッチ」と呼ばれる前はよく「バックトルクリミッター」と呼ばれ、こちらのほうが馴染みのあるライダーも多いだろう。 スリッパークラッチは、高回転でのシフトダウンなど、急激なエンジンブレーキ(バックトルク)がかかると、自動的にクラッチを滑らせてエンジンブレーキを弱くする。これによりエンジ …

[記事全文]

フォーク パーツ名関連

バイクの前輪と車体を繋ぐ棒のこと。2本の棒の間にタイヤが挟まれるような形になる。 フォークはサスペンションの一種であり、単にタイヤと車体を繋ぐだけでなく、路面の衝撃を吸収する役割を持っている。したがって外見では分からないが、内部にはスプリングと減衰装置が組み込まれているのだ。 フォークには構造によって『正立』と『倒立』と呼ばれるものの2種類がある。これはアウターチューブがフォークの上部にあるか、下 …

[記事全文]

マグホイール パーツ名関連

マグネシウムで作られたホイールのこと。 1965年にフェラーリがレースで使用したのがきっかけとなり現在では2輪4輪を問わず多くのモータースポーツシーンで見ることができる。 マグホイールのメリットは何といってもその軽さと強固さである。比重がアルミニウム2.70に対して、マグネシウムは1.74と圧倒的に軽いのが分かる。ホイールが軽いと、加速・減速性能が向上し、荷重移動もスムーズになる。また、バネ下重量 …

[記事全文]

ホイールベース バイクの構造

ホイールベースとはバイクの前輪と後輪の間の長さの事を指す。 正確には前輪の中心点と、後輪の中心点の間隔がホイールベースの数値として計算される。ホイールベースが長ければ長いほど、前輪と後輪の位置が離れていくというわけだ。 もちろんホイールベースは見た目だけでなく走行性能にも大きな影響を与える。ホイールベースが長いと直進安定性が向上するかわりに、旋回性が若干低下し、逆にホイールベースが短いものは旋回性 …

[記事全文]

スライダー パーツ名関連

走行中に転倒してしまった時、路面をスムーズに滑らせて車体へのダメージを最小限に抑えてくれる。また立ちゴケ時にも若干カウルへのダメージを抑えてくれることもあるので重宝するパーツである。 フレームやボディにつけるものをフレームスライダー、スイングアームにつけるものをスイングアームスライダー、アスクルシャフトにつけるものをアスクルスライダーなどとそれぞれ区別して言うことが多い。材質はジュラコンやPPなど …

[記事全文]

タンデムグリップ バイク用品関連

タンデムグリップとはタンデム時にパッセンジャーがつかむために用意されたグリップの事。 ネイキッドモデルやツアラーモデル、ビッグスクーター等のように車体についているタンデムグリップもあれば、バイク側でなくライダーが着るジャケットにパッセンジャー用のグリップが付いているものもある。 タンデムグリップの取り付け位置や形状にもよるが、これがあると無いのとではパッセンジャーの乗りやすさ、安心感がだいぶ変わっ …

[記事全文]