14
最近見たバイク
8
気になるバイク

ロック(タイヤ) その他

タイヤが「ロック」するというのは、強力なブレーキなどで車体は動いているのにタイヤだけ回転しなくなる状態のことをいう。 バイクが走行しているとき、あたりまえだが前後輪ともに回転している。しかしパニックブレーキ等で、急激なブレーキをかけると、タイヤのグリップを越えた時点でタイヤだけ回転を止める(ロック)してしまう。この状態ではブレーキシステムを有効に使えないため制動距離が伸びることがあるだけでなく、ロ …

[記事全文]

ABS バイクの構造

ABSとはアンチ・ロック・ブレーキングシステムのことで、一般的に「エービーエス」と読む。カンタンに言えば英語をそのまま訳したとおりの、「ロックさせないブレーキシステム」の事を言う。 ここ数年になってスクーターや一部のツアラー等で徐々にABS搭載バイクが増加している。とはいえ自動車ほどの普及率ではなく、まだまだ認知されている度合いが低いといえるだろう。 この機能はホイールに取り付けられたセンサーを元 …

[記事全文]

スリッパークラッチ バイクの構造

スリッパークラッチとは現在徐々に増えつつあるクラッチの機構で、強いエンジンブレーキを緩和する機能である。「スリッパークラッチ」と呼ばれる前はよく「バックトルクリミッター」と呼ばれ、こちらのほうが馴染みのあるライダーも多いだろう。 スリッパークラッチは、高回転でのシフトダウンなど、急激なエンジンブレーキ(バックトルク)がかかると、自動的にクラッチを滑らせてエンジンブレーキを弱くする。これによりエンジ …

[記事全文]

サイドスタンド バイクの構造

バイクを停車させるために出すスタンドのこと。その名の通りセンタースタンドとは異なり、横側(サイド)についているスタンドとなる。 一般的に車体の左側にあり、車体を左側に傾けながら停車させる。センタースタンドと異なり、車体を持ち上げる必要も無いので、容易に停車する事が出来る。 あまりに簡単にスタンドの出し入れが出来るため、うっかりサイドスタンドを出したまま走行してしまうこともありえるほど。しかしサイド …

[記事全文]

アブガス(AVガス) その他

エンジンのノッキングを防止する為にアルキル鉛を微量に添加したガソリンのことを言う。 主にレシプロエンジンを搭載するプロペラ飛行機などで使用される航空ガソリン(Aviation Gasoline)が簡略化されて、アブガス(AvGas)と呼ばれるようになった。 オクタン価が5〜くらいほど上昇し、爆発的なパワーを得られるため、一昔前まではレーサーに多用されていた。 現在では、有毒で大気汚染の原因となるた …

[記事全文]

ツーリストトロフィー その他

ツーリストトロフィーとは、マン島で行われているTTレースの事をいう。現在では尊敬の念をこめてモータースポーツレースの名称に「TT」(ツーリストトロフィー)を使用するものもある。 日本では、どちらかというとテレビゲームである「ツーリスト・トロフィー」のほうが有名。オートバイライディングシミュレータソフトと呼ばれるだけあり、かなりのリアルさを誇るだけに、バイクファンを増やすことに一役かっているかもしれ …

[記事全文]

アップマフラー バイクの構造

オフロードバイク、スクランブラー、トレーラー、一部のスポーツバイク等で見られるマフラーの取り回しで、シートの高さとほぼ同等の高さにマフラーの排気口がある物をいう。 オフロード、スクランブラー等では悪路を走破するために、低い位置にマフラーがあるのを嫌い、高い位置にマフラーが装着されている。近年のスポーツバイクで装着されるアップマフラーは、バンク角の確保と転倒時のエキゾースト系へのダメージを考慮して採 …

[記事全文]

ホイールベース バイクの構造

ホイールベースとはバイクの前輪と後輪の間の長さの事を指す。 正確には前輪の中心点と、後輪の中心点の間隔がホイールベースの数値として計算される。ホイールベースが長ければ長いほど、前輪と後輪の位置が離れていくというわけだ。 もちろんホイールベースは見た目だけでなく走行性能にも大きな影響を与える。ホイールベースが長いと直進安定性が向上するかわりに、旋回性が若干低下し、逆にホイールベースが短いものは旋回性 …

[記事全文]

スライダー パーツ名関連

走行中に転倒してしまった時、路面をスムーズに滑らせて車体へのダメージを最小限に抑えてくれる。また立ちゴケ時にも若干カウルへのダメージを抑えてくれることもあるので重宝するパーツである。 フレームやボディにつけるものをフレームスライダー、スイングアームにつけるものをスイングアームスライダー、アスクルシャフトにつけるものをアスクルスライダーなどとそれぞれ区別して言うことが多い。材質はジュラコンやPPなど …

[記事全文]

トラッカー バイクの名前・種類

トラックコース(1週200m〜1600m)をドリフトさせながら走るレースマシンが元になったバイクのスタイル。 特長としては、細身のフレームにシングルエンジンを搭載しオン・オフ兼用のタイヤを履く。排気量も50〜400ccくらいと様々だが、厳密に言うとリアがディスクブレーキでなくてはいけないとする見方もある。(リアをロックさせてドリフトさせるため、ドラムブレーキでは制動力が不十分なのだ) 日本ではヤマ …

[記事全文]