14
最近見たバイク
8
気になるバイク

デスモドロミック バイクの構造

ドゥカティ好きならおなじみの「デスモドロミック」。これはエンジンのバルブ機構の名称をいう。 デスモドロミックエンジンのバルブ機構は、一般的なエンジンと異なり、バルブスプリングを持たない「強制開閉機構」を採用している。これはバルブの開き用、閉じ用2本のカムを使用し、強制的にバルブの開閉を行うというもの。この機構の歴史は古く、メルセデス・ベンツやプジョーなど、多くのメーカーがレースで採用してきたらしい …

[記事全文]

インナーチューブ パーツ名関連

フロントフォークを構成する部品の名称。 フォークが縮んだ時に、アウターチューブ(外側のケース)に入り込む側の部分。サビが発生するとフォークのオイル漏れの原因になるので、定期的にチェックしておきたい。 ちなみに、インナーチューブが上部(ステム側)にあるものは『正立フォーク』、下部(タイヤ側)にあるものは『倒立フォーク』と呼ばれる。

[記事全文]

ロック(タイヤ) その他

タイヤが「ロック」するというのは、強力なブレーキなどで車体は動いているのにタイヤだけ回転しなくなる状態のことをいう。 バイクが走行しているとき、あたりまえだが前後輪ともに回転している。しかしパニックブレーキ等で、急激なブレーキをかけると、タイヤのグリップを越えた時点でタイヤだけ回転を止める(ロック)してしまう。この状態ではブレーキシステムを有効に使えないため制動距離が伸びることがあるだけでなく、ロ …

[記事全文]

ABS バイクの構造

ABSとはアンチ・ロック・ブレーキングシステムのことで、一般的に「エービーエス」と読む。カンタンに言えば英語をそのまま訳したとおりの、「ロックさせないブレーキシステム」の事を言う。 ここ数年になってスクーターや一部のツアラー等で徐々にABS搭載バイクが増加している。とはいえ自動車ほどの普及率ではなく、まだまだ認知されている度合いが低いといえるだろう。 この機能はホイールに取り付けられたセンサーを元 …

[記事全文]

スリッパークラッチ バイクの構造

スリッパークラッチとは現在徐々に増えつつあるクラッチの機構で、強いエンジンブレーキを緩和する機能である。「スリッパークラッチ」と呼ばれる前はよく「バックトルクリミッター」と呼ばれ、こちらのほうが馴染みのあるライダーも多いだろう。 スリッパークラッチは、高回転でのシフトダウンなど、急激なエンジンブレーキ(バックトルク)がかかると、自動的にクラッチを滑らせてエンジンブレーキを弱くする。これによりエンジ …

[記事全文]

サイドスタンド バイクの構造

バイクを停車させるために出すスタンドのこと。その名の通りセンタースタンドとは異なり、横側(サイド)についているスタンドとなる。 一般的に車体の左側にあり、車体を左側に傾けながら停車させる。センタースタンドと異なり、車体を持ち上げる必要も無いので、容易に停車する事が出来る。 あまりに簡単にスタンドの出し入れが出来るため、うっかりサイドスタンドを出したまま走行してしまうこともありえるほど。しかしサイド …

[記事全文]

フォーク パーツ名関連

バイクの前輪と車体を繋ぐ棒のこと。2本の棒の間にタイヤが挟まれるような形になる。 フォークはサスペンションの一種であり、単にタイヤと車体を繋ぐだけでなく、路面の衝撃を吸収する役割を持っている。したがって外見では分からないが、内部にはスプリングと減衰装置が組み込まれているのだ。 フォークには構造によって『正立』と『倒立』と呼ばれるものの2種類がある。これはアウターチューブがフォークの上部にあるか、下 …

[記事全文]

メガクルーザー バイクの名前・種類

近年カテゴライズされたジャンルである「メガクルーザー」。これはその名の通り、豪快なクルージングを提供してくれるバイクのジャンルを指している。明確な定義は存在しないが、大排気量クルーザーの事を指すことが多い。 『クルーザー』というジャンル自体は、大体アメリカンのことをいう(アメリカ本国でアメリカン系のバイクをクルーザーというため)が、メガクルーザーの中にはホンダのGLシリーズやBMWのR1200など …

[記事全文]

ツーリストトロフィー その他

ツーリストトロフィーとは、マン島で行われているTTレースの事をいう。現在では尊敬の念をこめてモータースポーツレースの名称に「TT」(ツーリストトロフィー)を使用するものもある。 日本では、どちらかというとテレビゲームである「ツーリスト・トロフィー」のほうが有名。オートバイライディングシミュレータソフトと呼ばれるだけあり、かなりのリアルさを誇るだけに、バイクファンを増やすことに一役かっているかもしれ …

[記事全文]

サイドカー バイクの名前・種類

オートバイの横にもう1輪設置してフレームで結び、その間のスペースに人や荷物を乗せることができるバイクや、横に取り付ける部分そのもののことをいう。 「側車」とも呼ばれるが、正式名称は車検証では「側車付オートバイ」、道路運送車両法では「側車付自動二輪車」と呼ばれる。側車は左右どちらにつけても問題はないが、日本では一般的に左側に側車を設置する。 つまり、自動車のハンドルの位置と同じ側にバイクを設置するこ …

[記事全文]