14
最近見たバイク
8
気になるバイク

インナーチューブ パーツ名関連

フロントフォークを構成する部品の名称。 フォークが縮んだ時に、アウターチューブ(外側のケース)に入り込む側の部分。サビが発生するとフォークのオイル漏れの原因になるので、定期的にチェックしておきたい。 ちなみに、インナーチューブが上部(ステム側)にあるものは『正立フォーク』、下部(タイヤ側)にあるものは『倒立フォーク』と呼ばれる。

[記事全文]

ABS バイクの構造

ABSとはアンチ・ロック・ブレーキングシステムのことで、一般的に「エービーエス」と読む。カンタンに言えば英語をそのまま訳したとおりの、「ロックさせないブレーキシステム」の事を言う。 ここ数年になってスクーターや一部のツアラー等で徐々にABS搭載バイクが増加している。とはいえ自動車ほどの普及率ではなく、まだまだ認知されている度合いが低いといえるだろう。 この機能はホイールに取り付けられたセンサーを元 …

[記事全文]

メガクルーザー バイクの名前・種類

近年カテゴライズされたジャンルである「メガクルーザー」。これはその名の通り、豪快なクルージングを提供してくれるバイクのジャンルを指している。明確な定義は存在しないが、大排気量クルーザーの事を指すことが多い。 『クルーザー』というジャンル自体は、大体アメリカンのことをいう(アメリカ本国でアメリカン系のバイクをクルーザーというため)が、メガクルーザーの中にはホンダのGLシリーズやBMWのR1200など …

[記事全文]

ケッチン その他

エンジンをキックペダルで始動する場合、途中まで足で踏み込んだキックペダルが逆転して跳ね上がってくる現象。中途半端にキックすると発生する可能性が高い。 非常に危険かつ恐ろしい現象であり、最悪なパターンでは跳ね返った際に体ごと宙に飛ばされてしまったり、跳ね返った足がバイクのパーツに当たって捻挫や骨折など大怪我をしてしまったいう例があるほどだ。 この強さは圧縮の強さに比例するため、大排気量車になるほど跳 …

[記事全文]

タンデムグリップ バイク用品関連

タンデムグリップとはタンデム時にパッセンジャーがつかむために用意されたグリップの事。 ネイキッドモデルやツアラーモデル、ビッグスクーター等のように車体についているタンデムグリップもあれば、バイク側でなくライダーが着るジャケットにパッセンジャー用のグリップが付いているものもある。 タンデムグリップの取り付け位置や形状にもよるが、これがあると無いのとではパッセンジャーの乗りやすさ、安心感がだいぶ変わっ …

[記事全文]

ニーグリップ ライディング関連

ニーグリップとはバイクを上手に乗るために必要な基本的なライディング技術の一つである。 乗車する際に、膝もしくは内腿でタンクをはさむようにすることをニーグリップと呼ぶ。これを行うことにより、安定してバイクを操作することが可能になるため、教習所等で必ず習う基本的なライディングテクニックである。 ニーグリップを行い下半身を適度にホールドさせる事により、上半身に無駄な力をかけずに済み、結果的に自由度の高い …

[記事全文]

ディスクローター パーツ名関連

ディスクブレーキを構成する部品の一つ。ブレーキローター、ブレーキディスクとも呼ばれる。ディスクブレーキはディスクローターをブレーキパッドで挟み込み、発生した摩擦により制動力を得る。したがってディスクブレーキには必ず存在する重要なパーツである。 ディスクローターにも様々な形状が存在し、最近最も多く採用されているのはディスクに穴が開いているタイプである。少し古い車種になると、穴がなくスリットが入ってい …

[記事全文]

V型 バイクの構造

V型とはエンジンの形状を言葉で表す際に用いるワードである。V型=V型エンジンのこと。 直列、V型、水平対向、これらの言葉は全てエンジンの形状を表す言葉であり、関連したキーワードである。正確にはエンジンの内部にある、シリンダーレイアウトを表現した言葉である。 「V型」という名称の由来は、まさに見た目の通りで、エンジンを横側から見た際に、シリンダーレイアウトがVの様になっていることからそう呼ばれる。ち …

[記事全文]

スプロケット パーツ名関連

チェーンを引っ掛ける歯車のこと。略してスプロケとも呼ばれる。通常、エンジン側のドライブスプロケットと、リヤタイヤ側のドリブンスプロケットの2つがある。 エンジン側のスプロケットが回転する事によって、チェーンに歯車がひっかかり、チェーンのコマを進める。そしてその力がタイヤ側のスプロケットの歯を回転させ、エンジンの力が後輪タイヤに伝わる。このようにしてバイクのタイヤは回転することができるのだ。 スプロ …

[記事全文]

キャブレター パーツ名関連

エンジンにガソリンを送り込む部品で、気化器のことを言う。略して「キャブ」ということも多い。 タンクから送られたガソリンと、エアクリーナーから吸入された空気を混合し、エンジンに混合気を送るのが役割となる。エンジンは送られた混合気に点火する事によって爆発を生み、エンジンを動作させるので、キャブレターというパーツはエンジンにとって無くてはならない非常に重要なパーツである。 キャブレター内には混合気を調節 …

[記事全文]