14
最近見たバイク
8
気になるバイク

CDI パーツ名関連

CDIとは、コンデンサに充電した電気を急激に放電し、高電圧を発生させてプラグに火花を起こさせる装置。容量放電点火(Capacitor Discharge Ignition)の略。 CDI点火では、コンデンサに充電した電荷を一挙に放電することにより、プラグへ供給される放電電流も短時間で大電流になることから、プラグの汚れや破損に強いなどの特徴がある。

[記事全文]

アブガス(AVガス) その他

エンジンのノッキングを防止する為にアルキル鉛を微量に添加したガソリンのことを言う。 主にレシプロエンジンを搭載するプロペラ飛行機などで使用される航空ガソリン(Aviation Gasoline)が簡略化されて、アブガス(AvGas)と呼ばれるようになった。 オクタン価が5〜くらいほど上昇し、爆発的なパワーを得られるため、一昔前まではレーサーに多用されていた。 現在では、有毒で大気汚染の原因となるた …

[記事全文]

カウル(フェアリング) パーツ名関連

走行時ライダーへの空気抵抗を減らすために装着される外装パーツ。主にスポーツレプリカ系やツアラー系などのスポーツバイクに装着されることが多い。 本来はライダーへの風当たりを軽減したり空気抵抗を減らすためのものだが、カウルの形状によってはダウンフォースを発生させるものや、直進安定性を稼ぐものもある。ツアラーのカウルは比較的大きくスクリーンも立ったものが多いのだが、近年のスポーツバイクはカウルの面積が小 …

[記事全文]

インジェクション バイクの構造

インジェクションとは電子燃料噴射装置のことを言う。正式には”フューエルインジェクション”のことで、略字でFIというようにも表現する。 エンジンの負圧でガソリンが吸い上げられるキャブレターに対し、インジェクションは高圧になったガソリンを電子制御によりタイミングをはかり、インジェクターと呼ばれる噴射ノズルから霧状に噴射することによって混合気を作る。 電子制御による正確なガソリンの噴射タイミングと量の調 …

[記事全文]