14
最近見たバイク
8
気になるバイク

スリッパークラッチ バイクの構造

スリッパークラッチとは現在徐々に増えつつあるクラッチの機構で、強いエンジンブレーキを緩和する機能である。「スリッパークラッチ」と呼ばれる前はよく「バックトルクリミッター」と呼ばれ、こちらのほうが馴染みのあるライダーも多いだろう。 スリッパークラッチは、高回転でのシフトダウンなど、急激なエンジンブレーキ(バックトルク)がかかると、自動的にクラッチを滑らせてエンジンブレーキを弱くする。これによりエンジ …

[記事全文]

メガクルーザー バイクの名前・種類

近年カテゴライズされたジャンルである「メガクルーザー」。これはその名の通り、豪快なクルージングを提供してくれるバイクのジャンルを指している。明確な定義は存在しないが、大排気量クルーザーの事を指すことが多い。 『クルーザー』というジャンル自体は、大体アメリカンのことをいう(アメリカ本国でアメリカン系のバイクをクルーザーというため)が、メガクルーザーの中にはホンダのGLシリーズやBMWのR1200など …

[記事全文]

ロンスイ バイクの構造

ロングスイングアームの略。元々はドラッグレースに用いられる改造であった。 スイングアームを長くすることにより、結果的にホイールベースが長くなるので、直進安定性が増す他、加速時のフロントの浮き上がり(リフトアップ)を抑えることができる。とはいえ、実用的効果を目指すものは少なく、見た目重視のカスタムといっていい。 このカスタムを施されるのは主にトラッカー系やオフロード系の車種が中心となっているが、近年 …

[記事全文]

カウル(フェアリング) パーツ名関連

走行時ライダーへの空気抵抗を減らすために装着される外装パーツ。主にスポーツレプリカ系やツアラー系などのスポーツバイクに装着されることが多い。 本来はライダーへの風当たりを軽減したり空気抵抗を減らすためのものだが、カウルの形状によってはダウンフォースを発生させるものや、直進安定性を稼ぐものもある。ツアラーのカウルは比較的大きくスクリーンも立ったものが多いのだが、近年のスポーツバイクはカウルの面積が小 …

[記事全文]

直列 バイクの構造

直列とはエンジンの形状を言葉で表す際に用いるワードである。直列=直列エンジンのこと。 直列、V型、水平対向、これらの言葉は全てエンジンの形状を表す言葉であり、関連したキーワードである。正確にはエンジンの内部にある、シリンダーのレイアウトを表現した言葉である。直列エンジンは、シリンダーが言葉どおり直列(一列)に並んでいるエンジンの事を言う。3気筒の場合は直列3気筒エンジン、4気筒の場合は直列4気筒エ …

[記事全文]

シュラウド パーツ名関連

ラジエター等に効率よく走行風を送るために作られたガイドのこと。 オフロードバイクやネイキッドバイクの一部に見られるパーツで、ラジエターの横側あたりに装着されている事が多い。単純に2枚のプラスチック板をラジエターサイドに装備している簡易的なものもあれば、シュラウド自体に細かいフィンが設けられているタイプまで、車種によって形状や性能はまちまちである。 また多くのシュラウドはそのバイクのデザイン面でも重 …

[記事全文]

ツアラー バイクの名前・種類

長距離ツーリングに向いているバイクのジャンル。カワサキのZZRシリーズや、ヤマハのFJ/FJRシリーズなどが代表的である。 主に、・防風性に優れた大柄なカウリングを装着・防風性に優れた大型のスクリーンを装着・トルクフルで静粛性の高いエンジン・パニアケースを装備するなどした高い積載用量・タンデムライダーのことを考慮したシート・シート自体が疲労を感じさせない作り といった長距離走行時にストレスを感じさ …

[記事全文]

ネイキッド バイクの名前・種類

カウルの無いバイクのジャンル。現在では最も一般的なジャンルと言える。ホンダのCBシリーズ、ヤマハのXJRシリーズ、スズキのGSシリーズ、カワサキのZRX、ゼファー等が代表的。 カウルレスなのでエンジンやエキゾーストパイプの美しさを表現できるのがネイキッドならでは。そのためエンジン自体のデザインに開発段階からこだわったものが多い。また社外のマフラーも、エキゾーストパイプの取り回しや形状、色など各社多 …

[記事全文]