ホンダ NSR50 part2のトップ
この記事をシェアする!

  休みの日に仲間を集めて気軽に参戦できることから、老若男女、素人玄人を問わず人気となっているミニバイクレース。今回紹介するモトは、「ミニバイクレースをやってみたい! でもどんなマシンに仕上げたらいいんだろう?」といったフレッシュマンのお手本となるようなマシンだ。

  神奈川県横浜市にお店を構える「(株)デルタ」さんで製作されたNSR50は、筑波サーキットで行われている「耐久茶屋」仕様になっているとのこと。さっそくその内容を紹介しよう。

BBBで【NSR50】を検索

  フレームこそNSR50だがエンジンはエイプ100のエンジンに換装。これにSHIFT UPのロングストロークキットで124ccにボアアップしている。キャブはレースのレギュレーションに合わせてKEIHINの22φを選択。レギュレーションによって縛りがないときは26φを選択することもあるという。 駆動系ではTAKEGAWAのクロスミッションに強化クラッチ&クラッチカバーで武装。 センターアップされたマフラーはSTRIKER製。中間パイプにはアルミの遮熱クロスを巻き、他のパーツに熱が伝わらないよう耐熱処理も施されている。

レギュレーションに則した上で、性能向上を狙ったパーツを多数取り付けている

  カウリングはSHIFT UPのフルカウルを装着。タンクカバーはFRPのデルタオリジナルだ。一見するとNSFと間違えてしまうかのようなスタイリングでカッコイイ。 デジタルスピードメーターはAIM製、その隣にはもはやサーキットの必需品とも言えるP-LAPが装備されている。

  P-LAPとはサーキットのコントロールラインを通過すると自動でラップタイムを計測してくれる装置で、筑波やもてぎといった全国の主要なサーキットで使うことができるのだ。そのほかの電装系はすべてデイトナでまとめられている。

ブレーキシステムはBERINGERで統一されている。フロント4ポット、リア2ポットのキャリパー、マスターシリンダー、ショートレバーなどがそうだ。BERINGERおなじみのカラフルなカラーリングでまとめられている。 足回りはフロントがオリジナルを加工、リアは別体タンク付のオーリンズにチューニングを施して性能をUPさせている。

フロント側のオリジナル加工について、(株)デルタ 中田店長に伺うと、「他店にはできない、中身がスゴイことになっています。当店でKIT化して発売する予定です」とのこと。 どうやら乗った人誰もが驚く足回りになるようだ。気になる人はぜひデルタまで問い合わせてみよう。

足回りはベルリンガー、オーリンズと一流ブランドのパーツをチョイス

「これからレースを始めたいという人には、やはりリーズナブルで。そんなにお金を掛けなくても始められるように、すぐ手に入るパーツを使いながらも性能も高いレベルに持っていくということですかね。お手本になるようなバイクになればいいと思います。」と中田店長。さらに中田店長オリジナルの足回りセッティングがプラスαされ、サーキット走行が楽しくなること間違い無し。 また、(株)デルタではレースチームのチーム員も募集している。サーキットを走ってみたい人、レースに出場してみたい人は問い合わせてみるといいだろう。

BBBで【NSR50】を検索

神奈川県横浜市都筑区にお店を構える(株)デルタ。 表向きは普通のバイクショップだが他店には出来ないことを売りとしている。 レース活動にも力を入れており、ミニのレースや耐久レースにも参戦しているほか、 レース車両の製作からサスのメンテナンス・エンジン製作なども得意としている。 チーム員も募集開始しているいのでミニバイク&ビッグバイクでレースに参戦してみたい人は問い合わせてみるといいだろう。

≫ 店舗情報詳細はこちらから