ヤマハ ジョグのトップ
この記事をシェアする!

  茨城県龍ヶ崎市に、お店を構えるファーシャジャパンさん。以前の店舗兼工場は大通りから入り組んだ場所にあり、始めて訪れる人には分かりにくい場所であったかもしれない。2012年7月に工場より車で5分ほどの場所にオープンした新店舗は、通り沿いに面し大きな看板もあるので一目でバイクショップだとわかる。そんなリニューアルオープンしたばかりのファーシャジャパンさんから新たな車両が完成したと聞き、早速新店舗へ取材に伺った。

BBBで【ジョグ】を検索

  「カラフルな原付は高校生にも人気なんです」と、ファーシャジャパンさん得意のペイントカスタムについて語ってくれたBBB担当の大津さん。そんなカラフルな車両からピンクや赤、パープルを選んでくれるガールズライダー向けに作られたのが、このキャンディーピンクのジョグだ。これまでのペイントから更に一歩踏み込み、よりターゲットを絞って全体にハートが描かれている。

  キャンディーピンクの外装にはブラックのハートの他にもハイビスカスとバタフライ、ピンクパールホワイトのインナーにはピンクのハート。この配色は、甘めとビビットどちらが好きなガールズライダーからも好まれるだろう。これらのワンポイントペイントは1000円から受け付けているとのこと、オールペイントと違って気軽に試せるのが嬉しい。

  またフロントとリアのレンズ部分は共にスモークブラックとなっていて、キャンディーピンクの引き締めにもなっている。

  ペイントだけでなく、もちろんファーシャジャパンさん得意のカスタムも施されている。以前このモトギャラリーで紹介したマジェスティに11個も装着され驚愕した、ファーシャジャパンさんオリジナルスピーカーが2個装着されている。「さすがに11個も付いているとバッテリーを心配する方もいるかもしれませんが、2個なら心配することなく音楽を楽しむことができますね」と語る大津さん。このオリジナルスピーカーはシルバーだけでなく赤と青も製作していて、取付工賃も含め40,000円から受け付けている。(車種により異なるため要相談)

  また、車体色に合わせたピンクのLEDと20センチのロンホイ加工で、その存在感は原付とは思えない1台だ。他にも、ピンクのストーンで埋められたグリップエンドや車体色と合わせるようにペイントされた赤いマフラーなど、ガールズライダー目線のこだわりが細部にまで表現されている。

  「実はこのJOG、男の子からのお問い合わせも多く、お店に見に来た男の子たちにもカッコイイと評判なんです」と、幅広い層からの人気を語ってくれた。

  ウイングのみ取り付けたほぼノーマルのジョグと比較すると、このキャンディーピンクのジョグがどれだけ目立つのかよくわかる。元が同じ車両であるとは、一見しただけでは判断できないほどだ。さらに驚かされるのは、店内には他にもカラフルにペイントされたジョグが並んでいるということ。何色にしようか迷ってしまう。

  ペイントカスタムを得意としているファーシャジャパンさんだからこそ、ペイント後の車両を目にしてイメージを膨らませることも、色見本を見ながらじっくり検討することも可能なのだ。自分だけのオリジナルカラーの1台に乗りたい人には、ぜひ足を運んでみて欲しい。

茨城県龍ヶ崎市にお店を構えるファーシャジャパン。店内には50cc、250ccのスクーターをはじめ、数多くの国産車が並んでいる。得意としているのはスクーターのカスタム。パッと眼を引くバイクに乗りたい方は、ぜひ足を運んでみることをオススメする。

≫ 店舗情報詳細はこちらから