この記事をシェアする!
第61回 グッドライダーミーティング千葉 2012

課題走行 PART1【第61回 グッドライダーミーティング千葉 2012】

安全に停まることができなければ安全に走ることはできない

■ブレーキング

ブレーキング

  目標とする位置で停止するための練習。前後のブレーキの使い方など安全に停まるための基本を学ぶ。安全に停まることができなければ安全に走ることはできない。ブレーキングはシンプルだけど奥が深いのだ。マシンによって特性も違うため、体に染みこむほど練習し、ブレーキングポイントで体が勝手に反応してしまうほどになればベスト。

■急制動

急制動

  指示速度をこえたらアクセルを戻し視線をブレーキポイント(パイロン)に移すことが重要。この時の前後ブレーキバランスが難しいのだが、フロント7、リア3くらいを目安とし、場所や路面状況、マシンの状態によっても変える必要がある。
しっかり加速してからのフルブレーキングは意外と勇気がいるものだが、これが出来ると車輪がロックする前にブレーキを抜くといったこともできるようになる。
ABS無しの車両にとっては車輪をロックさせてしまうと制動距離が延びるため有効な手段の一つと言える。

■危険回避

危険回避

  決められた一定の速度で直線路を走行しつつ、コーナーを抜けた瞬間、指導員の表示に従って右か左かに避けて安全に停止することを目的とする。
危険を予測しながら走行することで危険回避能力を身につけることができる。


観覧履歴