フロスティEV

  HONDAゴリラにかなり似ている外見もだが、電動バイクにも関わらず飾りのガソリンタンクが付いていることにも遊び心を感じる。


  フロスティEVを販売している吉角の事業の中心はバッテリーや蓄電システムの販売・製造で、メインのバイクを手がけているのはどこか。なんと熊本にある某メーカーの工場で生産していて、デザインも任せているとのこと。海外に製造拠点を移したことで空いたラインを使って生産しているとのことだ。また、車体には1年保証がついているのも、ユーザーとしては安心できる点だ。ちなみにブレーキは前後とも油圧ディスク式。


  気になる維持費はどうだろうか。調べてみるとかなり安く抑えることが出来るとわかった。


 50cc登録が可能

  50cc登録のため、原付バイクと同じ扱いになる。そのため、保険や税金が安く抑えられる。


 充電にかかる電気代が安い

  吉角の製品紹介ページには“電気代の安い深夜電力で充電すれば一回の充電が約4円、月に20回の充電で80円”と記載されている。1ヶ月100円以下であれば、ガソリン車より安くなることは確実だ。


  現在、電動原付の1充電の走行可能距離は30km前後の車種が多い。その中で60km走れるというのは大きなメリットではないだろうか。

  最高速度は45km/h。遅いように思うが、平坦な道で走る分には法廷速度通り走ることができるため、特別大きな問題ではない。

 バッテリーが主流のリチウムイオンではなく鉛シリコン

 バッテリーの取り外しができない(取り外して充電や予備に替えることはできない)

 バッテリーの充電時間が8時間と長い

  かなり低いランニングコストや原付免許で乗れる手頃さ、日本製の安心さには目を見張るものがある。バッテリーの問題から使用するのは近場になるが、それを考慮すれば、遊び心が詰まった非常に面白い商品だ。EVバイクは発展途上の市場であり、フロスティEVのような面白い商品の登場が更に市場を盛り上げていくのではないだろうか。

  • フリーワード検索

    車名のほか、通称やメーカー名でも検索できる!(例:ファイアーブレード、ヨンフォア等)

  • バイクメーカーで探す

    HONDA YAMAHA SUZUKI kawasaki
    ハーレー BMW ドゥカティ MVアグスタ
    アプリリア ハスク アディバ ベスパ
    トライアンフ ロイヤルエンフィールド KTM キムコ
  • バイクのカテゴリーで探す

    ネイキッド
    スポーツ
    ストリート
    オフロード
    ツアラー
    アメリカン
    ミニバイク
    原付スクーター
    ビッグスクーター
    輸入車
    レーサー
    その他