1970年代 ヤマハのヒストリー

なんとあの超ロングセラーモデル「SR」は1978年生まれ!

ヤマハの4ストロークの歴史は他メーカーより浅く、1960年代まではDTやRDのような2サイクルマシンだけだった。1970年、ヤマハ初の4サイクル「XS-1」が満を持して誕生。OHCのバーチカル・ツインで最高速度は185km/hをマーク。その後も他メーカ−に追随すべく、XS・TXシリーズを登場させた。そして1978年、今でも大人気の「SR400」が誕生!約四半世紀に渡りロングセラーを続けるSR400。今ではこのマシンよりも若い年齢層からも愛されている。なんとも懐の深いモデルである。

ネイキッド
スポーツ
ストリート
オフロード
ツアラー
アメリカン
ミニバイク
原付スクーター
ビッグスクーター
輸入車
レーサー
その他

1970年代 ヤマハ ヒストリー収録車両

1970年代 ヤマハ 年表

1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979
●XS650
●GT50
●RD125
●SR500
※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

観覧履歴