1980年代 ヤマハのヒストリー

ヤマハを代表する数々の名車が生まれた1980年代

ヤマハにとって1980年代は数々の名車を生んだ時代である。ロケットのような加速が魅力の「RZ250」、一気筒当たり5バルブ(吸気3・排気2)を持つ、ヤマハ独自の水冷エンジンを搭載した「FZ750」、独特なスタイルと雰囲気のある「V-MAX」、初の純粋なレーサー・レプリカ「TZR250」、初のEXUPを搭載したレース向けのベース車「FZR400R」など、名車、新技術が目白押しであった。

ネイキッド
スポーツ
ストリート
オフロード
ツアラー
アメリカン
ミニバイク
原付スクーター
ビッグスクーター
輸入車
レーサー
その他

観覧履歴