1980年代 スズキのヒストリー

刀(カタナ)、GSX-Rなどの名車が生まれた1980年代

1980年代は、今でもなお乗り継がれている完成度の高い名車が数多く誕生した。 高度成長期という時代背景もあり、各メーカーの「技術競争」が始まったのもこの時代といえる。 その中でスズキは80年代前半に空冷TSCC・DOHCエンジンを搭載した、まさにスズキの代表車である「GSX1100S刀(カタナ)」が登場した。そして、レースのためのホモロゲーション・モデル「GSX1000S刀」も登場。このように、レースのレギュレーションに合わせ市販されるようになったのも80年代に入ってからだった。

また、そんな時代の潮流だからこそ必然的に生まれた「レーサー・レプリカ」。他メーカーは水冷エンジンに移行する中、スズキは油冷エンジンという、スズキ・オリジナルの冷却方式を採用した「GSX-R」を登場させた。しかし、レース界でのエンジンの高出力化による熱対策という面で油冷では追いつかず、現在のGSX-Rは水冷化されてしまった。しかしながら、あの独特のエンジンフィーリングはファンも多く、公道での使用は全く問題ないことから、今でもGS1200SS、GSXシリーズに採用されている。

また、そのレース・ブームの中で、若者を中心として一気に人気が高まったのが「2サイクルエンジン」のレーサーレプリカ。フルカウルを身にまとい、軽量でかつシャープな吹け上がりで加速するエンジンはとても魅力的。その中でスズキは「RG-ガンマ」を登場させた。そして当時の「ウォルターウルフ」は、その魅力に拍車を掛けた。技術的には、RG500ガンマの”スクエア4気筒エンジン+ロータリーディスクバルブ」という日本車では珍しいシステムを採用したり、膨張室容量を回転数に応じて変化させる排気バルブ「SEAC」、後には、クランケース・リードバルブ+V型エンジンと数々の新技術が投入されたのもこの頃である。

そして、スズキの技術革新にとって「ヨシムラ」という偉大なコンストラクターの影響を受けているのも他メーカーにはないところである。

ネイキッド
スポーツ
ストリート
オフロード
ツアラー
アメリカン
ミニバイク
原付スクーター
ビッグスクーター
輸入車
レーサー
その他

1980年代 スズキ 年表

1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989
●GS650G
●GSX1100Sカタナ
●GS250FW
●RG250ガンマ
●GSX-R400
●RG500ガンマ
●NZ250
●LS650サベージ
●ギャグ
●GSX400Xインパルス
●ウルフ250
●GSX-F400
●RGV250ガンマ
●TS125R
●COBRA
●GSX-R250R
※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

観覧履歴