1980年代 カワサキのヒストリー

超ロングセラーモデルとなった「GPZ900R Ninja(ニンジャ)」が登場!

1980年代のカワサキの代表車は、何と言っても「GPZ900Rニンジャ」だろう。「Z1000R(ローソンレプリカ)」という素晴らしいバイクも登場しているが、街乗りからサーキットまで、しかも全世界で人気のある「ニンジャ」は、まさに「カワサキ」の代表車と言えよう。

その他、1980年代は技術面でも発展途上だったカワサキ。GPZ750に過吸器(ターボ)をつけた「GPZ750ターボ」や、他メーカーには見ることができない、縦置きシリンダーの「タンデムツインエンジン」を搭載した「KR250」など、様々な技術への挑戦を試みている。また、「ハーフ・ニンジャ」と呼ばれるGPZ900Rのエンジンを半分にしたようなツインエンジンを開発。GPZ400SやEN400ツインに搭載された。

さらに、カワサキでは数少ない50ccモデルの先駆者とも言えるAR50が登場。このエンジンをベースとしたAE50、AV50もラインナップした。後のKS-1に同系統のエンジンが搭載され、ミニバイカーズスタイルはKSR-1へと受け継がれていく。

ネイキッド
スポーツ
ストリート
オフロード
ツアラー
アメリカン
ミニバイク
原付スクーター
ビッグスクーター
輸入車
レーサー
その他

1980年代 カワサキ 年表

1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989
●AR50
●AV50
●GPZ900R
●KR250
●エリミネーター750
●CS250
●GPZ250R
●エリミネーター900
●FX400R
●エリミネーター400
●KMX125
●GPZ400S
●エリミネーター250
●GPX250R
●GPX400R
●ZX-10
●ZXR400
●ZXR250
●ZXR750
※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

観覧履歴