1990年代 ホンダのヒストリー

「扱いやすい高性能」を実現した1990年代

1980年代にはパワーとハイテクの競争が繰り返されたが、1990年代に入ると「速い」「高性能」だけでは生き残ることができず、「扱いやすさ」を求められるようになってきた。

そういった中でハイパフォーマンスのCBR1100XX、VTR1000Fを代表とするスーパースポーツ、そしてNSR250RやCRM250Rを代表とするレーサーレプリカ、そして扱いやすさを重視したホーネット、CB400SFのようなネイキッド、スティード、シャドウを代表とするアメリカンと、各カテゴリの中でホンダは「扱いやすい高性能」を実現している。

さらに環境への配慮も忘れず、次世代の2ストロークエンジン「AR燃焼エンジン」を搭載したCRM250ARを登場させるなど、4ストローク化が進みそうな中で、2ストロークを存続させる動きも見られた。

ネイキッド
スポーツ
ストリート
オフロード
ツアラー
アメリカン
ミニバイク
原付スクーター
ビッグスクーター
輸入車
レーサー
その他

観覧履歴