ザンザスの歴史|No:105||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) ザンザス

historyfileNo:105

ザンザスの歴史

1969年

500SS マッハ3

ゼロヨン12.4秒はCB750(1969年)とほぼ同タイム。しかし、加速感はそれを上回るものがあった。特に6,000〜9,000rpmに到達するまでの出力特性は爆発的。60ps/7,500rpmの出力は馬力規制前の400ccクラスと同等で大したことはないが、マッハには「ジャジャ馬」と言われる強い個性が与えられていた。

1991年

ZXR400(ZX400L)

1991年にモデルチェンジしたZXR400。前期のエンジンをより扱いやすくし、新設計のフレームに搭載。スラントノーズのアッパーカウルにはシングルレンズ、ツインバルブのヘッドライトが装備される。クロスミッション、高速カム、FRP製シングルシート等を装備したSP仕様のZRX400Rもラインナップ。

1992年

XANTHUS(ザンザス)

ZXR400のエンジンをベースに、バルブタイミング、カムシャフトの作動角、ピストンヘッドの形状が変更され、ZXR同様の高速性能はそのままで、中速域が向上。最大の特徴とも言えるフレームは、やはりZXRをベースとしたもの。角型ライトもネイキッドモデルの中では唯一だった。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示