SW-1の歴史|No:110||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) SW-1

historyfileNo:110

SW-1の歴史

1982年

DR250S(SJ41A)

4バルブSTDCCエンジンを搭載し、デュアルエキゾーストを採用したスズキ初の4ストオフロードバイク。22ps/8500rpm、2kg-m/6500rpmを発生した。フルフローターサスを採用。同じエンジンをダイヤモンドフレームに搭載したGN250Eも同時に登場した。このエンジンが後のSW-1、ボルティー、グラストラッカー、ST250のベースとなる。

1992年

SW-1

「ヒューマン・ウェア」をコンセプトとし、レトロスタイルのフルカバードボディで、金属質な部分は極力抑えられ、暖か味と人間味、親しみやすい雰囲気を醸し出している。バイクというより新感覚の移動手段といった感じだ。250ccクラスとしては高値の68万8000円は、レーサーレプリカモデルの定価をも上回り、2006年現在でも中古車相場が50万円前後となっている。

1994年

ボルティー

高性能化による価格高騰に対し、思い切った低価格で登場したモデル。DR250S、GN250E、SW-1と受け継がれたエンジンは低中速重視のトルク方に改良される。最もシンプルなタイプ1、シート、エンブレム、カラーが異なるタイプ2、キャストホイール、チューブレスタイヤ、1人乗りのタイプC、折りたたみ式キャリア、ダブルシートのタイプTがある。

2000年

グラストラッカー

車体、エンジンともにボルティーをベースとし、フラットなダブルシート、小振りなタンク、前18インチ・後17インチホイールなどを採用し、草上トラックレースイメージのシンプル&スリムなデザインとしたのがグラストラッカー。2001年にはインチアップ、ロングホイールベース化したグラストラッカー・ビッグボーイが登場した。

2004年

ST250

ボルティー用をベースに2バルブ化されたエンジンを搭載。SCEM高速メッキシリンダーを採用するなど各部を一新し、燃費や出力特性を向上させている。ベーシックバイクとしてのあり方にこだわっている点はボルティーと同様。ツートーンカラー、メッキマフラー、メッキライト、キックを装備した高品位使用のEタイプもラインナップ。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示