TDR50の歴史|No:115||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) TDR50

historyfileNo:115

TDR50の歴史

1981年

RZ50

スーパーゼロハンの世界を切り開いた、歴史に残る名車。水冷エンジン、6速ミッション、モノクロスサスなど、レーサー並みのメカニズムを装備。1983年9月から60km/h規制となり、強力な走りを制限されてしまった。1985年にはアッパー&アンダーカウル付きで登場。スポーツ性を強調したスタイル。

1981年

DT50

YEIS、吸入混合気チャンバーを採用の水冷エンジンで、ハイパワーかつ低燃費。リアはモノクロスサスを装備。60km/h速度規制で1984年にマイナーチェンジ。その後、基本構成はほとんど変わらず、20年近くに渡りラインナップ。同系の水冷2ストピストンリードバルブエンジンはTDR50やTZR50に受け継がれる。

1988年

TDR250

TZR250(1KT)の並列2気筒エンジンを流用し、2ストでは世界初のデジタル進角CDI点火方式を採用。デュアルパーパスモデルらしくアップマフラー、オン・オフどちらでも通用するタイヤを装着。タンク上に配されたタコメーターが一風変わった趣を与えていた。

1988年

TDR50/TDR80

当時で言うスーパーバイカーズ風のスタイル。エンジンはRZ50やDT50系の水冷を流用。1990年登場のTZR50に同系エンジンは受け継がれる。12インチホイールの代表的存在だったYSR50やNSR50に加え、KS-1とともにミニバイク人気に拍車をかけた。80ccエンジンのTDR80はさらにパワフル。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示