ギャグの歴史|No:116||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) ギャグ

historyfileNo:116

ギャグの歴史

1985年

4サイクルバーディー50

スーパーカブやタウンメイトと並ぶ4ストビジネスバイク。ヤマハに2ストのメイトがあるように、2ストのバーディーも存在した。ギャグは4サイクルバーディーのエンジンをベースとし、やや高回転型でパワーアップしたものを搭載した。もちろん燃費の良さや耐久性、扱いやすさは受け継がれている。

1986年

ギャグ(GAG)

その名の通り冗談(ギャグ)で登場したようなマシン。しかし、スペックは本格的で、冗談ではなく本気さを感じられるものだった。ミニレプリカの先駆けと言ってもいいだろう。カラーは戦闘機をイメージしたもの、GSX-Rカラーのレーシーなもの、大胆なグラフィックのポップアートなど、単なる色違いでなく個性的なラインナップ。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示