AR50の概要|No:117||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) AR50

historyfileNo:117

カワサキ初の本格的な50ccオンロードスポーツモデルが「AR50」

カワサキと言えば「ビッグバイク」のイメージが強いが、1980年台からはゼロハン(50cc)モデルもラインナップしていた。例えば、オフロードモデルのAE50(1981年)、アメリカンモデルのAV50(1982年)、そして、カワサキ初の50ccロードスポーツモデルがAR50だ。カワサキファン以外にも、多くのバイクユーザーの期待を集めて登場した。当時噂されていた水冷エンジンではなく、ピストンリードバルブの空冷エンジンが搭載され、ヤマハは1981年に水冷のRZ50、ホンダのMBX50、スズキのRG50ガンマも翌年にデビューを控えていただけに、少々期待を裏切られた感じは否めなかった。

しかし、AR50のエンジン出力特性は水冷エンジンに劣らず高い評価だった。レッドゾーンの始まる1万回転までストレスなく回り、トップギアのまま30km/hからでも、ゆっくりではあるが加速するフラットな特性は、ライバルの水冷エンジンにもない利点だった。街中では絶対に負けない程のパワフルなパワー特性と、ロードレースGPで活躍していたKR250、KR350のイメージを与えたカッコ良さは、熱狂的なファン層を築いた。フレームは、メインパイプを楕円に近い形状とした鋼板とパイプによるセミダブルクレードル。ユニトラックサス、前後アルミキャストホイールと、上級マシン顔負けの本格的な装備を誇った。

1983年にはライトカウル(ビキニカウル)を装備し、馬力規制でパワーダウンしたAR50II、そして1984年にはシート形状等が変更されたAR50Sが登場。AR50シリーズには車体構成を同じくしたAR80シリーズもラインナップし、よりパワフルな走りを楽しむことができた。その後、カワサキのロードスポーツモデルは、同系統の空冷エンジンを搭載した1988年のミニスーパーバイカーズKS-I(50cc)とKS-II(80cc)にバトンタッチしていくことになる。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示