PS250の歴史|No:129||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) PS250

historyfileNo:129

PS250の歴史

1982年(昭和57年)

モトラ(AD05)

PS250(MF09)のモチーフとなっているのがモトラ(AD05)。スーパーカブやモンキーで定評の空冷OHCエンジンはリファインされ4.5psを発生。一番の特徴とも言える通常3速に低速3速の合計6速となるサブミッションを採用し、悪路でもガンガン走破できるヘビーデューティーさから、バイク版のジープといったイメージだった。車高調整機能付きのリアショック、ロック機構を備えたセンタースタンド、フレームマウントのフロントキャリアなど、荷物を載せて移動することを考慮した装備が充実し、モトラグリーン、モトライエローのカラーリングは、まさにモトラを象徴するものだった。

1997年(平成9年)

フォーサイト(MF04)

250ccクラスのビッグスクーターではフュージョン(MF02)やフリーウェイ(MF03)で先陣を切っていたホンダ。1995年に登場したヤマハ・マジェスティ250(4HC)が人気となり、その後を追うように登場させたのがフォーサイト(MF04)となる。エンジンは専用設計の水冷単気筒で、ディオと同様のハイドロ・コンビ・ブレーキ(前後連動ブレーキ)を採用。縦2段ライトや40リットルのシート下収納スペースなど、充実した装備を誇った。1999年にはリアブレーキがディスクのフォーサイトSEが登場し、2003年にはスタンダードとSEが統合されフォーサイトEXに1本化された。

2004年(平成16年)

PS250(MF09)

エイプやズーマーを送り出した「Nプロジェクト」の第5弾として登場。フォーサイトをベースとしたエンジンを、モトラをイメージさせる車体に搭載。ネイキッドスクーターと言ってもいいデザインで、シートは90mm、10段階のスライド機構を持ち、タンデムシートは起こすことが可能で、1人乗り時には大型バックレストとなるのがそれまでのスクーターにない斬新なものだった。2005年12月には角型から丸型2灯のライトに変更され、ズーマーの印象に近いものとなった。駐車時に便利なパーキングブレーキも装備。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示