アヴェニス150の歴史|No:143||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) アヴェニス150

historyfileNo:143

アヴェニス150の歴史

1999年(平成11年)

アヴェニス150(CG43A)

新開発の水冷SOHC4バルブエンジン、φ29mmダウンドラフトキャブ、前後12インチキャストホイール、φ30mmのフロントフォーク&ディスクブレーキの採用で、走行性能は申し分なし。ミニスクリーンや大型60/55Wハロゲンヘッドライトを含めたヨーロッパ車風のデザインなど、125ccクラスの車格で250ccクラスを思わせるスタイルが特徴的だった。ただ、アドレス110(CF11A)にも言えることだが、250ccクラスのようなフットボード部の張り出しは賛否が分かれるところでもある。

1999年(平成11年)

アヴェニス125(CF43A)

基本的にはアヴェニス150と同様の充実した装備を誇る。エンジンは新開発の水冷SOHC4バルブで、ヴェクスター125の12psを上回る14psを発生した。他メーカーの4スト125ccスクーターでも水冷4バルブ車はなく、数値的には最もパワフルなモデルだった。しかし、アドレスV100やアドレス110といった2ストモデル、安価なヴェクスター125と原付2種はラインアップが豊富だったことから、40万円近かったアヴェニス125は短命で終わることになる。

2002年(平成14年)

エプシロン150(CG43B)

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示