バンディット250VZの歴史|No:168||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) バンディット250VZ

historyfileNo:168

バンディット250VZの歴史

1990年(平成2年)

バンディット250(GJ74A)

1989年にシリーズ最初のモデルとなるバンディット400(GK75A)が登場し、翌年にこの初代バンディット250(GJ74A)が発売される。パイプワークが特徴のダイヤモンドフレームに、GSX-R250(GJ73A)やCOBRA・コブラ(GJ73A)と同系統の並列4気筒エンジンを搭載。ポート形状などの見直しと、1・4番、2・3番のエキパイを連結して排気管容量をアップさせた4-2-1の美しいマフラーを装備し、実用域でのスロットルレスポンスに優れた出力特性となった。グッドデザイン賞をとったバンディット400と変わらないクオリティが保たれ、車格もほぼ共通となる。アップハンドル仕様はパイプハンドルを採用し、グリップ位置で上に100mm、後ろへ50mm移動したことで、ラクなポジションとなっている。1991年にはロケットカウルを装備し、独特のツートーンカラーを施したリミテッドを追加。

1997年(平成9年)

バンディット250VZ(GJ77A)

1995年にモデルチェンジしたバンディット250(GJ77A)。同時に、可変バルブタイミング・リフト機構を採用したVCエンジン搭載のバンディット250V(GJ77A)もラインアップ。約9500回転の低中速域では低速用のカムが作動し、それ以上の回転数では高回転用のカムがバルブを動かすことで、どの回転域でも理想的な出力特性が得られる。赤いヘッドカバーを採用したことで、すぐにVCエンジンと分かる。このバンディット250Vをベースに、前モデルにあった「リミテッド」のロケットカウルとは異なるビキニカウルを装備し、セパレートハンドルやゴールドチェーンでスーポーティーさを強調したのがバンディット250VZとなる。クロームメッキ処理されたエアクリーナーカバーや立体エンブレム、VZのみのツートーンカラーなど装備類が少々豪華になっている。発売年数が短かったため、流通台数は極めて少ない。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示