ZRX1100の歴史|No:203||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) ZRX1100

historyfileNo:203

ZRX1100の歴史

1990年(平成2年)

ZZ-R1100(ZXT10C)

ZX-10の997ccから1052ccへアップした水冷4ストDOHCエンジンはφ40mmのCVKキャブを4連装。エキゾーストも4-1-2となり、最高出力はZX-10の137psから147psへと大幅にアップした。足回りは、フロントに対向4ポットタイプの大径ディスクブレーキ、フロント120/70、リア170/60の17インチタイヤを採用した。縦長ライトの採用などで空力特性を追求し、カウル形状の変更でボディー全体をさらにフラッシュサーフェス化。1993年からのDタイプでツインラムエア・インテークを採用。排気系はKCAS(カワサキ・クリーン・エアー・システム)を装備し、アルミシートをプレス形成したメインフレームは、鋳造製のステアリングヘッド&スイングアームピボット&リアのエンジンマウント部を組み合わせたペリメータータイプ。300km/hオーバーの世界最速ツアラーのポジションを確立し、車名の表記や呼び名は当初ZZ-R(ダブル・ズィー・アール)だったが、ハイフンがなくなりZZR(ゼット・ゼット・アール)に変更した。 (写真はDタイプ)

1996年12月(平成8年)

ZRX1100(ZRT10C)

基本的なデザインはZRX400(ZR400E)を踏襲し、ビキニカウルの装備でローソンレプリカ・Z1000Rを思わせるスタイリングとなっている。ZZ-R1100(ZXT10C・ZXT10D)やGPZ1100(ZXT10E)系の水冷エンジンを給排気系から動弁系の見直し、フライホイールマスの増加まで全面的に手が加えられ、優れた低中速特性とスロットルレスポンスの向上を図った。排気系は、外観は4-1だが実は4-2-1構造のエキゾーストシステムで、アルミ製サイレンサーと組み合わせられる。新設計のダブルクレードルフレームはスチールとアルミを組み合わせ、軽量、高剛性、それに整備性の向上も実現。足回りはフロント正立フォーク、リア2本ショックとありきたりだが、スイングアームはトラス構造のアルミで特徴的。フロントブレーキはφ310mmディスクに6ポットキャリパーが奢られた。ビキニカウル装備が「標準」で、ノンカウル&丸型ライトのZRX1100-?が別設定とされる。2001年3月にZRX1200R(ビキニカウル)とZRX1200S(ハーフカウル)へとモデルチェンジ。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示