KLE250アネーロの概要|No:223||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) KLE250アネーロ

historyfileNo:223

オン・オフ楽しめるデュアルパーパスな250cc「KLE250アネーロ(LE250A)」

1990年代の初めは「ツアラー」というとフルカウルのオンロードはもちろん、オフロードをベースとしたデュアルパーパス(多目的)も指し示した。250ccクラスはレーサーベースの2ストモデルやエンデューロでの戦闘力を備えた4ストモデルなど本格的なオフロードが主流だったが、400cc以上ではアフリカツイン(RD07)、トランザルプ400V(ND06)、アルテシア(4DW)、KLE400(LE400A)といったツアラーが揃っていた。そういった流れを受けて登場したKLE400の弟分がKLE250アネーロ(ANHELO)だ。

KLE400と同様の並列ツインエンジンはZZ-R250(EX250H)をベースとしたもので、より低中速側にセッティング。40psから35psへと出力ダウンしているが、レスポンスに優れ、加速時のギクシャク感もなく、シャープに吹け上がるフィーリングはそのまま。アクセルワークも容易で、オフロードでも安定した走行を楽しむことができる。車高の高さがネックとなるオフロードモデルだが、低いイメージのセロー並である805mmのシート高を実現。整流効果の高いミニカウルや最大7.5kgを積載可能な大型キャリアなどはツーリングを強く意識した装備だ。

この後、250ccクラスではXRバハ(MD30)やTT250Rレイド(4GY)、ジェベル250XC(SJ45A)といった大型丸ライト&ビッグタンクを装備したツーリングモデルが登場してきたことで、オフロードに近いツアラー、デュアルパーパスモデルはKLE250アネーロで最後となってしまい、カワサキとしてもツーリング色の濃いモデルはこれが最後となってしまった。全体を見ても街乗りから高速走行、ロングツーリング、さらにオフロードまでもこなすモデルは意外と少なく、これがシングルよりもパワフルかつスムーズな並列ツインとの組み合わせともなるとKLEシリーズ以外に見当たらない。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示