LS650サベージの概要|No:022||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) LS650サベージ

historyfileNo:022

シングルエンジン搭載のアメリカンモデルが「LS650サベージ(NP41A)」

1980年台半ばのビッグシングルに注目してみると、ホンダ・FT500、XL600Rファラオ、GB500、ヤマハ・SR500、SRX600、水冷のカワサキKL600Rといったモデルがラインナップしていた。ロードモデルやビッグオフロードが中心となるが、Vツインが主流のアメリカンモデルに、シングルエンジンを搭載して登場したのがLS650サベージだ。ここでアメリカンモデルを見てみると、ホンダはシャドウ750やNV750カスタム、ヤマハはXV750ビラーゴ、カワサキはVZ750ツイン、そしてスズキもVS750イントルーダーというVツインモデルをラインナップしていたにもかかわらず、あえて異色のシングルアメリカンを投入してというわけだ。

直立したシングルエンジンは、ボア×ストロークが94×94mmのスクエアな652ccで、30ps/5500rpm、4.5kg-m/3000rpmとあくまで低中速型。まさに「トルクで走る」という言葉がピッタリだ。一軸バランサーの採用で不快な振動を消し、ベルトドライブの採用で静粛性を実現したことで、軽快感のあるアメリカンに仕上げられている。また、650mmという低いシート高と、VS750イントルーダーよりも26kg軽い160kgという車重のおかげで、軽快感はさらに増している。

ティアドロップタンクから段付きシート、そしてリアフェンダーまでのデザインや、タンク上部に配置されたメーター、各部のメッキパーツやバフ仕上げのカバー類など、どれをとってもVS750イントルーダーに勝るとも劣らないつくりとなっており、アメリカンの雰囲気は十分かもし出している。しかしながら人気モデルとはならず、わずか数年で国内モデルのラインナップからは姿を消すことになった。タマ数が少なく入手困難な状態だが、数少ないスズキのシングルだけに、サベージ400やテンプターでこのフィーリングを味わってみるのもいいだろう。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示