GPZ1100 カワサキ ヒストリーNo:023_1 |中古・新車バイクはBBB

BBB

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

カワサキ(KAWASAKI) GPZ1100

historyfileNo:023

ニンジャでもZZ-Rでもない、スポーツツアラーの国内モデルが「GPZ1100」

GPZ1100

世界最速の異名を持ったハイスピードツアラーZZ-R1100に対し、GPZ900Rにも似たスタイリングを持つGPZ1100(ZXT10E)は、スポーツランと安定したクルージングの両方を楽しめる、ベーシックなスポーツツアラーという位置付けのマシンだ。ツアラーで高速クルージングを堪能するにはZZ-Rなどの「逆輸入」しかなかったが、国内でGPZ1100が登場したことにより、気軽に楽しめるようになった。

ダウンチューブを2本としたスチール製ダブルクレードルフレームに、ZZ-R1100の水冷DOHC4バルブエンジンを流用し、吸排気系をリファインしたものを搭載。ラムエアシステムは装備されていないが、ベースがZZ-R1100だけに、パワフルさは健在。しかも、極低回転からでもスムーズに吹け上がる特性で、街中の渋滞路から高速クルージングまで、全域に渡ってコントロールしやすい。

カワサキ歴代のビッグツアラーで培ったウインドプロテクション効果は絶大で、ゆったりしたライディングなど、長距離ツーリング時の疲労を大幅に低減。足回りは41mm正立フォーク、前3.50-17/後5.00-17ホイールなどオーソドックスな構成で、安定性重視のハンドリングながら、その気になれば、タイトなコーナーでも十分にスポーティーな走りを堪能でき、街中でも扱いにくさを感じることもない。GPZ900R並みのボディサイズに抑えられ、取り回しの良さも持つなど、派手さはないが、的確な作りで、長く乗れるマシンといえる。

1996年モデルからは、前後ブレーキにABS(アンチロックブレーキシステム)を装備したGPZ1100ABSも登場。そして、1997年には同系エンジンを搭載したZRX1100、ZRX1100-2が発売され、カワサキビッグバイクの国内モデルは、ニンジャ、空冷のゼファーと合わせ充実したものとなった。

 
※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています
GPZ1100F956,571円
GPZ11001,100,000円
GPZ1100F1,450,000円
GPZ1100F DFCフレーム採用2,780,000円
GPZ1100F2,100,000円
GPZ1100451,500円
GPZ1100313,200円
GPZ1100AC直送

>>検索結果を全て表示

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示