ジョルノクレアの歴史|No:241||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) ジョルノクレア

historyfileNo:241

ジョルノクレアの歴史

1992年(平成4年)

ジョルノ(AF24)

南ヨーロッパ風の丸く柔らかで上品なスタイルに、20リットル容量のメットイン機能を組み合わせ、しゃれた雰囲気と実用性をバランス良く融合させたのがジョルノ。GIORNOとはイタリア語で1日、昼間などの意味。メッキパーツやフロントのトレーディングサスなどがネオ・レトロな感覚を強めている。センターポストにはラバーグリップ付きの荷掛けフック(コンビニフック)も装備する。1995年1月にはホワイトの「スペシャル」、1996年1月にはテールレンズのメッキモール、カラーグリップ、メッキマフラーカバー、エンブレム付きキーを採用した「DX(デラックス)」と、ブラック&レッドの「スペシャル」が追加され、毎年特別色が追加されている。1999年7月には、いち早く4ストエンジンを搭載したジョルノクレア(AF54)へと進化。さらに、2001年1月のクレアスクーピー(AF55)へとレトロ調スクーターの歴史は続く。

1999年(平成11年)

ジョルノクレア(AF54)

「おしゃれ、クリーン、静か」をキーワードに展開する、モジュールエンジン+モジュールフレームの先駆けスクーター。ジョルノ(AF24)と同系のレトロスタイルに、量産二輪車世界初の水冷4スト50ccエンジンを搭載。水冷で燃焼を安定化し、2次空気導入機構も導入することでCOとHCを従来の半分に低減。エンジン部、ミッション部、スイングアーム部も部材化したモジュール構造は、応用性や生産性も向上。フレームは剛性としなやかさを併せ持ったU字断面2分割アルミ鋳造だ。ジョルノクレアデラックスはシートにセンサーを設置し、着座状態で信号待ちなどで停車すると、約3秒後にエンジンを停止するアイドルストップ(スロットルオンで再始動)を量産二輪車で世界初採用。ジョルノクレアは革新的な構成で、次世代の50ccスクーターのあり方を示した。前後連動のコンビブレーキや盗難防止対策、22リットルメットインスペース、コンビにフックも装備。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示