バンディット250の歴史|No:261||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) バンディット250

historyfileNo:261

バンディット250の歴史

1989年(平成1年)

コブラ・COBRA(GJ73A)

1987年のGSX-R250(GJ72A)がモデルチェンジしGSX-R250R(GJ73A)へと進化。そのノンカウル(ネイキッド)モデルがコブラ・COBRA(GJ73A)である。5速、6速をクロス化したミッション、フロントシングルディスクブレーキ、上方20mm・後方15mm位置が移動したハンドルなどの採用で、ややストリートユース寄りに変更されている。ダイヤモンドタイプのフレームとサブアーム付きスイングアーム等、車体、足回り、45psを発生するエンジンも同等である。同時期にはRGV250γ(ガンマ)に対するウルフ250・WOLF250といったレーサーレプリカのノンカウルバージョンがいくつかラインナップし、他メーカーの「エンジン流用、新設計フレーム」というモデルよりも「ネイキッド(裸)」という言葉がピッタリであり、1980年代後半のこのスタイルがネイキッドのルーツと言える。

1990年(平成2年)

バンディット250・BANDIT250(GJ74A)

1989年にシリーズ最初のモデルとなるバンディット400(GK75A)が登場し、翌年にこの初代バンディット250(GJ74A)が発売。パイプワークが特徴のダイヤモンドフレームに、GSX-R250(GJ73A)やコブラ・COBRA(GJ73A)と同系統の並列4気筒エンジンを搭載。ポート形状などの見直しと、1・4番、2・3番のエキパイを連結して排気管容量をアップさせた4-2-1の美しいマフラーを装備し、実用域でのスロットルレスポンスに優れた出力特性となった。グッドデザイン賞をとったバンディット400と変わらないクオリティが保たれ、車格もほぼ共通となる。アップハンドル仕様はパイプハンドルを採用し、グリップ位置で上に100mm、後ろへ50mm移動したことで、ラクなポジションとなっている。1991年にはロケットカウルを装備し、独特のツートーンカラーを施したリミテッドを追加。1995年にはGJ77A型へモデルチェンジする。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示