CB900ホーネットの歴史|No:026||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) CB900ホーネット

historyfileNo:026

CB900ホーネットの歴史

1996年

HORNET(ホーネット)

CBR900RRと同サイズの180/55-17の超極太リアタイヤが特徴的。4 into 1のアップタイプマフラーを採用し、スッキリとしたリア回りの中でリアタイヤがより強調される。CBR250RRと同系統のエンジンを搭載し、クラスを超えた高次元の走りを実現した250ccネイキッド。

1998年

HORNET600(ホーネット600)

250でありながらリッタークラスのリアタイヤを装着したホーネット250。その車体にCBR600F系のエンジンを搭載したのがホーネット600。基本構成は250と共通で、角型モノバックボーンフレーム、アップタイプマフラーなど、スタイリングはウリふたつ。

1998年

CBR900RR(SC33)ファイヤーブレード

リッターマシンのハイパワーを600ccクラスのコンパクトな車体に凝縮したスーパースポーツがCBR900RR。92年に初登場、96年に918cc化、98年に、出力向上、外装の変更を受け4代目に。CB900ホーネットはこの98年モデルCBR900RRのエンジンをベースにしている。

2000年

HORNET S(ホーネットS)

ホーネット600をベースにライトカウルを装備。シート高30mmダウン、吸気系ダクト、34mmCVキャブ、PGMイグニッションなどがリファインされた。前ホイールのサイズを3.50-16から3.50-17に変更し、クイックなハンドリングはそのままに高速安定性を高めた。

2001年

CB900HORNET(CB900ホーネット)

CBR900RRベースのエンジンを搭載した、ホーネットシリーズ第3弾の最大排気量モデル。極太タイヤ、アップマフラー、グラマラスな外装など、まさにホーネットそのもの。スーパースポーツの楽しさを味わえるスーパーネイキッドだ。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示