SRX400の歴史|No:033||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) SRX400

historyfileNo:033

SRX400の歴史

1984年

SRX250/SRX250F(51Y)

「SRX」の名は250ccから。XT250Tのエンジンを流用し、程よいパワーと軽い車体でトータルバランスに優れていた。フレームマウント式のハーフカウルを装着したモデルがSRX250F(写真)。イタリアンカラーの限定発売YSP仕様もあった。85年には丸型ライトに変更され、メーターバイザーが装着された。一時ラインナップから外れ、90年には400や600に近いイメージでモデルチェンジ。中空スポークホイールを採用した。

1985年

SRX-4(1JL)

角パイプフレームに4バルブビッグシングルを搭載したモデル。SRX-6は足回りとオイルクーラーを装備している点が異なる。YSP仕様はSRX-6の充実装備そのままの400cc版。1987年には4ポットキャリパー、ガス室別体式リアショックを新採用し、フロントホイールは17インチ化。1988年にはバルブタイミングを変更し、圧縮比アップ。ラジアルタイヤを採用した。

1990年

SRX400(3VN)

登場以来5年目でモデルチェンジし、大幅な仕様変更を受けた。車名もSRX-4からSRX400に。セルモーターを装備し、2本サスからモノサスに変更された。エンジン、フレームともに新設計。ドライサンプ潤滑の4バルブエンジンを角パイプフレームに搭載。タンク容量は14?(リットル)。クラシカルなSRシリーズに対して、SRXシリーズはモダン路線を踏襲。

1991年

アルティシア(4DW)

SRX400ベースのセル付き、空冷4ストSOHC4バルブエンジンはYDISを装備。ダイヤモンドフレームにリンク式モノクロスサスを組み合わせ、ブレーキはフロントφ267mm、リアφ220mmシングルディスク。ホイールトラベルは前225mm、後200mm。ハザードランプも装備。92年にはカラー変更、アルミリム、可倒式ブレーキペダルを採用し、サスセッティングも変更された。「アルティシア」とはフランス北部・アルトア地方の人々の意。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示