デスペラード400の概要|No:034||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) デスペラード400

historyfileNo:034

倒立フォークを採用した異色のアメリカンが「デスペラード400(VK52A)」

1990年代半ばにかけて、400ccクラスのアメリカンというとホンダ・スティード400(NC26)、ヤマハ・XV400ビラーゴ(2NT)のVツインモデルが思い浮かぶ。カワサキは並列2気筒のバルカン400(EN400B)と、ドラッグスタイルの並列4気筒モデルのエリミネーター400(ZL400A)と同時にラインナップさせ、スズキはというと、シングルのサベージ400(NK41B)に加え、1994年にVツインのイントルーダー400(VK51A)を登場させた。1995年になると、カワサキがバルカン400をVツインエンジンにしモデルチェンジ(VN400A)。1996年にはヤマハがドラッグスター400(4TR)を、カワサキがバルカン400クラシックを発売するなど、各社ともにアメリカンモデルの充実化を図ったのがこの時期だ。そういった状況下で登場したデスペラード400(VK52A)は、ある意味異色のアメリカンと言える。

どう異色なのかというと、それはデスペラードの装備にある。エンジンこそイントルーダー400をベースとしたものだが、ダブルクレードルフレームは新設計。足回りは、フロントに倒立フォークを採用し、リアは主流だったモノショックではなくフルカバードのツインショック。また、ホイールはアメリカンで一般的だったスポークタイプではなくキャストホイール。前16、後15インチで、とにかく「走り」を意識し、どっしりと座って流すというよりは、峠道を攻めたくなるのが特徴と言える。また、「X」にはビキニカウルとアンダーカウルを装備し、これもまた異色ぶりに拍車をかけている。

1999年にはシンプルなデスペラード400ワインダーの追加で、他社との横並び路線の展開をし、クラシックモデルが人気となってきた2001年には、イントルーダークラシック400へとバトンタッチ。デスペラードは良くも悪くもスズキらしさが表れているモデルだったが、そういった「らしさ」が半減してしまったように思える。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示