Z1の概要|No:048||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) Z1

historyfileNo:048

伝説とも言える「男・KAWASAKI」の象徴・Zシリーズ

いまさらここで語るまでも無いほどに数多くの伝説を生み出した「Zシリーズ」。その伝説のZを代表するのが「Z1(900SUPER4)」と、その国内仕様として誕生した「Z2(750RS)」であろう。特にZ2(750RS)は「ゼッツー」の愛称で多くのライダーの憧れの的となった。漫画「あいつとララバイ」の主人公・研二がこよなく愛したマシンとしてもすっかりお馴染みである。

のちにWGPの英雄となった「ステディ・エディ」ことエディ・ローソン。その彼が若かりし頃、1981年AMAスーパーバイク・チャンピオン獲得を記念して発売されたのが「Z1000R(ローソン・レプリカ)」。当時の彼の愛機Z1000J・レーサーカスタムのレプリカモデルである。

また「Z1000MK-2」や、中型クラスにおいても「Z400FX」は、直線を基調としたデザインと大柄なボディで、「硬派・カワサキ」のイメージを確立したとも言える。国内では、当時の愛称「フェックス」はまさに硬派の代名詞とも言えよう。

まるで「KAWASAKI」を象徴しているかのような、これらのZ達。永きに渡り惹きZ愛好者たちを惹きつけているのは、当時の卓越した性能はもちろんだが、性能・スタイル・開発コンセプト等においても他メーカーには無い『無骨さ・質実剛健さ』が「男・硬派」をイメージさせるからであろう。

Z伝説の創り上げ、世界に「KAWASAKI」の名を知らしめた名車中の名車

'72年、ホンダ「CB750FOUR」をライバルとして開発名「ニューヨークステーキ計画」で開発された「900SUPER4(Z1)」。量産車世界初のDOHCエンジンを搭載しデビューし、同時に世界を席巻。優れた耐久性・整備性と秘めたポテンシャルを持っておりスーパーバイクやTTフォーミュラーレースで大活躍した。そして、あの有名なコンストラクターである「ヨシムラ」「モリワキ」もレースで使用し、絶賛していたほどである。そして今では伝説として語り継がれておりいまだに人気である。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示