GPZ900Rの概要|No:049||中古バイク情報はBBB

カワサキ(KAWASAKI) GPZ900R

historyfileNo:049

Z-GPシリーズの後継車として生まれたGPZシリーズ

当時、GSX1100SカタナやCB1100Rなど、カウルつきのエアロダイナミクス(空気抵抗)を考慮したマシンがライバルとして登場し、それに追随すべく、Z-GPにカウルをつけたモデルとして登場したのがGPZシリーズ。直線的なデザインのZ-GPシリーズから一転して曲線を基調としたフォルムはまさにエアロダイナミクスを考慮したことが伺える。

GPZシリーズでも最も人気、最もロングセラーとなっている、第二世代のZ1として生まれた「GPZ900R Ninja」。世界最速を目指して'84年に発売したこのモデルは20年たった今でも現役の超ロングセラーモデルで現在もカスタムベース車として大人気のモデルである。

「第二世代のZ1」というコンセプトから生まれた「Ninja」

’84年、水冷4気筒DOHCサイドカムチェーン908ccエンジンを積んだロングセラーモデルであるGPZ900R、ペットネーム「Ninja」が誕生。最高速度235km/h、0-400mは11秒をきるなど当時としては驚異的なスペックで登場。当時、人気のあったハリウッド映画「トップガン」の主人公を演じるトム・クルーズの愛車として登場したことで、世界的に大人気となった。 あのデビューから約20年、多数のマイナーチェンジとを繰り返し熟成していき、'91年の「A8」からは国内仕様も登場し、いまだ特にカスタムベース車として人気があるバイクである。

※このページはカワサキモータースジャパンのご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示