TZR250Rの概要|No:061||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) TZR250R

historyfileNo:061

ヤマハを代表する2サイクル・レーサーレプリカ

’85年、レースが一般の人でも参加できるようになり、プロダクションレースが盛んになったころ、ヤマハの市販レーサー「TZ」の公道仕様としてTZR250がデビュー。「TZ」の開発チームのよって開発されただけあってプロダクションレースでも大活躍をした。その後、ライバルであるホンダのNSRがデビュー、そこにスズキのガンマも加わり公道レーサーとしてどんどん進化していった。

「2サイクル最強」と謳っても良いほど凄いポテンシャルを持つマシン

1990年、WGP250ccクラスにおいてJ・コシンスキーの手でチャンピオンマシンとなった「YZR250」のレプリカとして登場したTZR250シリーズの最終モデル「TZR250R」。当時、盛り上がっていた国内地方選手権「SP(スポーツ・プロダクション)250ccクラス」でライバルである「NSR250R」「RGV250ガンマ」を追撃すべく生まれた、まさに勝つために生まれた「公道を走るレーサー」と言っても過言ではないだろう。特に「TZR250R-SP」はレースで勝つためのマイナーチェンジを繰り返し、最終型である「TZR250SPR」は、ヤマハの市販レーサー「TZ250」との共通部品も多くSPレースでもメーカー直系のコンストラクターである「SP忠男」等の手により常に上位に食い込む速さがあり、レースの世界でも人気があった。

しかし、「排ガス規制」等の問題で2ストロークエンジン自体が消え行く事となり、それと共にこの「TZR250R」も消え行く事となってしまった。

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示