TZR250Rの歴史|No:061||中古バイク情報はBBB

ヤマハ(YAMAHA) TZR250R

historyfileNo:061

TZR250Rの歴史

1991年3月

TZR250R

YZR250レプリカとして「TZR250R」登場。90度VツインエンジンをワークスレーサーYZR250と共通のディメンションを持つデルタボックスフレームに搭載したモデル。

1991年12月

TZR250R SP

「TZR250R SP」が'92モデルとして500台限定で登場。TM36パイキャブや、乾式クラッチ、クロスミッション、フルアジャスタブルショックなど、専用設計を多数装備。

1992年2月

1992年4月

TZR250RS

「TZR250R」と「TZR250R SP」の中間に位置する「TZR250RS」が登場。乾式クラッチを装備し、黄色いゼッケンがトレードマーク。限定100台で販売。

1992年12月

TZR250R SPの吸排気系が見直され、グラフィックも変更された。限定500台。

1993年1月

TZR250RSが馬力規制に対応。伸圧減衰力調整式サスペンションを装備。

1993年2月

TZR250Rも馬力規制に対応。新型のオイルポンプを採用する。グラフィックも変更。

1993年12月

TZR250R SP レース規制に対応し32パイ・キャブレターとなる。限定500台。

1994年1月

TZR250RSのグラフィックとリヤショックの一部を改良。

1994年12月

TZR250SPR

※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示