COBRAの歴史|No:075||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) COBRA

historyfileNo:075

COBRAの歴史

1989年

GSX-R250R(GJ73A)

1987年のGSX-R250(GJ72A)がモデルチェンジしGSX-R250R(GJ73A)に。新型のダイヤモンドフレームとサブアーム付きスイングアームを採用。エンジンまわりは、インテークポートをよりストレート化し、吸気バルブを大径化、エアクリーナーは容量アップされ、積極的に冷気を導入するSCAIを装備。ラウンドタイプのラジエターを採用し、冷却性能も大幅に向上した。クロスミッションを組み込んだSPレース用のGSX-R250R SPも用意された。

1989年

コブラ・COBRA(GJ73A)

GSX-R250R(GJ73A)のノンカウル(ネイキッド)モデル。5、6速をクロス化したミッション、フロントシングルディスクブレーキ、上方20mm・後方15mm位置が移動したハンドルなどの採用で、ストリートユースに適したモデルとなっている。同時期にはRGV250γ(ガンマ)に対するWOLF(ウルフ)といったレーサーレプリカのノンカウルバージョンがいくつかラインナップしたが、他メーカーの「エンジン流用、新設計フレーム」というモデルよりもネイキッド(裸)という言葉がピッタリなモデルといえる。

1989年

バンディット250・BANDIT250(GJ74A)

1989年6月に発売されたバンディット400(GK75A)と兄弟車で、パッと見ただけでは見分けがつかないほど質感高く、車格もほぼ共通。GSX-R250Rやコブラと同じ4バルブDOHCエンジンを流用し、ワイドなパイプワークが特徴のダイヤモンドタイプフレームに搭載。4-2-1マフラーの採用で、常用域でのレスポンスに優れた特性となっている。ノーマルのセパハンに対しアップハンドル仕様もラインナップし、こちらはパイプハンドル。グリップ位置で上に100mm、手前に50mm移動し、ストリートでより最適なポジションを実現した。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示