ベンリィCB50の歴史|No:086||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) ベンリィCB50

historyfileNo:086

ベンリィCB50の歴史

1971年

CB50

SS50(1970年)の後継モデル。前傾12度のショートストローク(42×35.6mm)SOHCエンジンは新設計。パイプ製鋼管ダイヤモンドフレームも新設計。FRフェンダーはメッキ、スプリング剥き出しのショックは、巻きピッチを2段にしてプログレッシブ効果を狙った。50ccクラス初の分離型タコメーターを装備。

1973年

CB50JX

機械式ディスクブレーキを装備したCB50JXがラインナップ。従来のドラムブレーキ仕様のCB50と併売された。タンク&シート&リアフェンダーの形状を変更し、テールカウルが装備された。また、キックアームの形状も変更された。

1976年

CB50JX-I

新設計シリンダーヘッドを採用。メガホンタイプマフラーを採用すると共に吸排気系を改良。、ロングタンク、シートカウル、フェンダーなど外装を一新。フォークブーツが取り外された。

1980年

CB50S

フロントブレーキが機械式から油圧式ディスクに変更。車体右側に移設された。ヘッドライトの光量がアップされ、リアキャリアが標準装備。1981年にはカラー変更された。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示