TS125Rの歴史|No:089||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) TS125R

historyfileNo:089

TS125Rの歴史

1984年

RA125(SF13A)

RAのネーミングを受け継いだ、ファクトリーマシン譲りの高性能トレールモデル。水冷エンジンを搭載し、22psの最高出力は当時クラス最高。フロントにはディスクブレーキを装備。サスペンションはフロント224mm、リア220mmと1クラス上のストローク量を誇り、スズキ自慢のフルフローターサスはどんなショックも軽く吸収した。125とはいえビギナーでは手強いと言われ、モトクロッサーRAのネーミングに恥じないレプリカモデル。

1989年

TS200R(SH12A)

クランクケースリードバルブの水冷エンジンは、スリングショットキャブやAETCなどの装備により、クラス最高の35ps/8500rpmを発生。アルミスイングアーム、フルフローターサス、前後油圧ディスクブレーキ、フロント倒立フォークを採用し、素晴らしい走破性を発揮。パワフルなエンジンとバランスの良い足回りで、コースでモトクロッサーを追い回すこともでき、乗りこなせるかどうかライダーの技量を問うほどのポテンシャルを秘める。

1989年

TS125R(SF15A)

モトクロッサーRMからフィードバックされ、水冷2サイクル単気筒のクランクケースリードバルブエンジンを搭載。スリングショットキャブ、排気デバイスAETC、前後ディスクブレーキ、アルミスイングアーム、フルフローターサスなどはTS200Rと同様の装備。当初は正立フォークを採用したが、91年モデルで倒立になり走破性を向上。フラッシュサーフェス化されたデザインも含め、125ccクラスの中では高い完成度を誇った。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

現在掲載中の車両

登録が有りません

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示