CRM50の歴史|No:093||中古バイク情報はBBB

ホンダ(HONDA) CRM50

historyfileNo:093

CRM50の歴史

1983年

MTX50R(AD06)

前21インチ&後18インチホイールと、前200mm&後170mmのストロークを持つサスペンションを採用したワンランク上の車格を持つ。6.2psの水冷2ストエンジン、排気サブチャンバーのHERPにより、低中速域でのトルクを増している。リアキャリアやリアバッグも装備し、実用面も考慮されていた。1985年発売モデルではMBX50Fと同様に7.2psに。兄貴分のMTX80R(HD08)も同時にラインナップした。 ※HERP・・・ホンダトルク増幅共鳴管

1985年

MBX50F(AC08)

1982年に登場したMBX50(AC08)。当時は7.2psだったが、1984年発売モデルでは自主規制で5.6psに。しかし、1985年発売モデルではリミッターを装着し、再び7.2馬力に。ライトカウル、アンダーカウルを装着し、車名はMBX50Fとなった。その後、1987年のNS50Fエアロ(AC08)へと進化し、同型エンジンはNSR50(AC10)にも搭載された。また、MTX50Rも1985年発売モデルで6psから7.2psにパワーアップしている。

1988年

CRM50(AD10)

MTX50R(AD06)に続くオフロードモデルとして登場。スタイリングはモトクロッサーCR80Rそのもので、フロントのディスクブレーキ、前275mm&後280mmのストローク量を誇る足回り、ボルトオンのシートレールなど、装備面でもCR80Rを踏襲している。ホイールサイズは前17&後14インチとMTX50Rから小径化されたが、7.2psのパワフルなエンジンとコンパクトな車体で走破性は抜群。

1993年

CRM50(AD13)

1993年発売モデルでリアブレーキがディスクに。また、1994年には鍛造製のドッグレッグ型クラッチレバーと、飛石などから手を守るナックルガードを装備した。兄貴分のCRM80(HD12)も同様のマイナーチェンジを受けている。その後はCRM250Rと同一イメージのカラーリング変更を繰り返し、ヤマハ・DT50、スズキ・ハスラー50と共に1998年の排ガス規制でラインナップから消えることになる。

※このページは本田技研工業株式会社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示