GS1200SSの歴史|No:099||中古バイク情報はBBB

スズキ(SUZUKI) GS1200SS

historyfileNo:099

GS1200SSの歴史

1985年

GSX-R750

「油冷」という新メカニズムを導入して登場。DOHCとTSCCの組み合わせでレーサー並みの100psを発生。4気筒750ccとしては前例のない176kgという超軽量な車体と、耐久レーサーGS1000Rとほとんど区別のつかないフォルムは、ナナハンの新時代の幕開けに相応しいものだった。

1998年4月

イナズマ1200

イナズマ400とほぼ同一サイズのボディに、GSF系の油冷エンジンを搭載し、日常レベルでの扱いやすさを目指したモデル。バンディット1200よりも小径なCVK32キャブを採用し、ポートも小径化され低中速寄りにセッティングされ、マイルドな特性となっている。

2001年2月

GS1200SS

2月に単色の黒が発売。8月に赤/黒のツートンが追加。1980年の「鈴鹿8時間耐久レース」で優勝したレーサーGS1000Rに使われていたカラーリングで、当時を知るレースファンにとっては、スズキのレーサーと一目で分かるものとなっている。

2002年

2002年3月登場。2002年モデルは、従来のアナログ式タコメーター+液晶表示スピードメーターから、アナログ2連式メーターを採用。タンクと給油口の形状変更で、よりレーシーなイメージを高めた。足回りなどの基本構成は2001年モデルと変わらない。カラーはホワイト×ブルーのみとなった。

※このページはスズキ株式会社とモーターマガジン社のご協力を頂き製作しています

ヒストリーにリクエストしよう!

まだ掲載されていない自分の好きな車種をリクエスト!どんどん投票しよう!

リクエストページを表示