中古バイク・新車検索 バイクライフ応援サイト!BBB

中古バイクならBBB

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップ > 読む > The history
The History 時代を彩ったバイクたち ヤマハ TZR250R
ヤマハ最強の2サイクルレーサーレプリカ

「2サイクル最強」と謳っても良いほど凄いポテンシャルを持つマシン

1990年、WGP250ccクラスにおいてJ・コシンスキーの手でチャンピオンマシンとなった「YZR250」のレプリカとして登場したTZR250シリーズの最終モデル「TZR250R」。当時、盛り上がっていた国内地方選手権「SP(スポーツ・プロダクション)250ccクラス」でライバルである「NSR250R」「RGV250ガンマ」を追撃すべく生まれた、まさに勝つために生まれた「公道を走るレーサー」と言っても過言ではないだろう。特に「TZR250R−SP」はレースで勝つためのマイナーチェンジを繰り返し、最終型である「TZR250SPR」は、ヤマハの市販レーサー「TZ250」との共通部品も多くSPレースでもメーカー直系のコンストラクターである「SP忠男」等の手により常に上位に食い込む速さがあり、レースの世界でも人気があった。

しかし、「排ガス規制」等の問題で2ストロークエンジン自体が消え行く事となり、それと共にこの「TZR250R」も消え行く事となってしまった。

>>TZR250(後方排気)
主要諸元 ( )は馬力規制後 < >はSP
形式 3XV エンジン形式・種類 水冷2サイクル90度V型2気筒クランクケースリードバルブ
全長(mm) 1960 排気量(cc)

249

全幅(mm) 680 最高出力(PS/rpm)

45/9500 (40/8500) <40/9000>

全高(mm) 1075 最高トルク(kg・m/rpm) 3.8/8000 (3.6/7000) <3.5/7500>
シート高(mm) 780 変速機 6速
車両重量(kg) 126 <128> 始動方式 キック式
タンク容量(L) 15 タイヤサイズ(前/後) 110/70-17 / 150/60-17
The History of YAMAHA TZR250R 〜TZR250Rの歴史〜
'91年 3月 YZR250レプリカとして「TZR250R」登場。90度VツインエンジンをワークスレーサーYZR250と共通のディメンションを持つデルタボックスフレームに搭載したモデル。 TZR250R
'91
'91年 12月 「TZR250R SP」が'92モデルとして500台限定で登場。TM36パイキャブや、乾式クラッチ、クロスミッション、フルアジャスタブルショックなど、専用設計を多数装備。  
'92年 2月 「TZR250R」マイナーチェンジ。キャブセッテイング、CDI制御マップ、リヤサスの特性の見直しがされ、熟成が図られた。  
'92年 4月 「TZR250R」と「TZR250R SP」の中間に位置する「TZR250RS」が登場。乾式クラッチを装備し、黄色いゼッケンがトレードマーク。限定100台で販売。 TZR250RS
'92 RS
'92年 12月 「TZR250R SP」 吸排気系が見直され、グラフィックも変更された。限定500台。  
'93年 1月 「TZR250RS」 馬力規制に対応。伸圧減衰力調整式サスペンションを装備。  
'93年 2月 「TZR250R」 馬力規制に対応。新型のオイルポンプを採用する。グラフィックも変更。 TZR250R
'93
'93年12月 「TZR250R SP」 レース規制に対応し32パイ・キャブレターとなる。限定500台。 TZR250R SP
'94 SP
'94年 1月 「TZR250RS」 グラフィックとリヤショックの一部を改良。  
'94年 12月 「TZR250SPR」 SPとRSを統合させた最終モデル。トリプルYPVSや逆三角形ボアキャブなどを採用し、より一層戦闘力が増した。  
※写真の上にカーソルを置くと拡大写真が表示されます。
※このページは株式会社ヤマハ発動機のご協力を頂き製作しております。
The History トップ | TZRシリーズ | ヤマハ 1990年代