webで展開!プロト モスピーダ プロジェクト vol.21 モーターサイクルショー2010出展
この記事をシェアする!
モーターサイクルショー2010出展するぞ!
東京モーターサイクルショー2010に急遽出展することに決めた

  モーターマガジン社さまのスペースに展示OKという承諾を頂き、東京モーターサイクルショー2010に急遽出展することに決めた当プロジェクト。皆様にご披露できる状態にまで、仕上げることにしました。まずはバイクの顔になる、ライト部分をキチンと装着できるようにしなければ・・・。そこでvol.15のメーター&スクリーンステーの時にもお世話になっているモトショップ 力(042-556-2196)の田中ツトムさんのところにドックインすることに。

まずは大まかにステーを作ってマウントしてもらいました。
フレームマウントにしてもらいますよ

  まずは大まかにステーを作ってマウントしてもらいました。これは位置を決めるためだけなので、かなり大雑把に作ってもらっています。アッパーカウルに負担をかけたくないということから、フレームマウントにしてもらいますよ

B-Kingは幸いにもステーが取れそうな部分が幾つかあった

  フレーム側からステーを伸ばして、現状で仮に固定している位置まで伸ばします。B-Kingは幸いにもステーが取れそうな部分が幾つかあったので助かりました。

トラス状にステンの棒材を溶接してで組んでもらいました。

  トラス状にステンの棒材を溶接してで組んでもらいました。カウル付けてしまうと見えなくなってしまう部分ですが、これはかなりカッコイイ。

メカニカルな姿が美しい。

  フレームのマウント部分が左右で違うので、ライトステーも左右非対称デザインとなります。メカニカルな姿が美しい。

シートカウルも最終調整に入ります

  シートカウルも最終調整に入ります。まだまだパテを付けてペーパーで削っての繰り返しで、表面を均一に、そしてなだらかにしていきます。

その姿はまさにFRPとパテで作り上げる錬金術のようだ

  外装製作の全てはファニーズ川口さんの手作業で進んでいきます。その姿はまさにFRPとパテで作り上げる錬金術のようだ。

仕上げにはサフェーサーを吹いて完成です

  仕上げにはサフェーサーを吹いて完成です。テールレンズなどの細工まではちょっと間に合いませんでしたが、仮に付けたマフラーエンドも良い感じの大きさですし、迫力は十分です!

シートカウルが出来上がった

  シートカウルが出来上がったことで、B-Kingのスタンダードの姿からはかなり見栄えも変わってきました!

車両ごとの展示は今回が初公開
モーターサイクルショー2010に出陣

  今までもワンフェスなどでカウルのみの展示はしてきましたが、車両ごとの展示は今回が初公開。一種異様なこの姿に足を止めていく人や、細かいところまで見てくれた人も多かったです。皆さんの応援はとても励みになります!

皆さんの応援はとても励みになります!
次回からはアンダーカウルの製作に入ります。

  モーターサイクルショー展示という一つのビッグイベントをクリアしたところで、作業は再び進行中!  次回からはアンダーカウルの製作に入ります。お楽しみに!