モーターサイクルデイズのトップバナー

藤原かんいちの体験的  都道府県別ツーリングガイド

VOL.04青森県AOMORI[Page2]

この記事をシェアする!

b01.岩木山

  津軽地方のシンボルで、山の容姿から別名「津軽富士」と呼ばれている。岩木山を見ると青森に来たことを実感する。ちなみに日本百名山のひとつだが、標高は1625mとそれほど高くない。見る方向によって表情が変わるので、東西南北…様々な方向から眺めてみよう。

b02.睡蓮沼

  季節ごとに違う風景を楽しむことができる、八甲田山周辺へ来たらぜひバイクで訪れて欲しいのが睡蓮沼。国道103号から歩いて行ける場所にあり、睡蓮が咲く美しい沼、向こうに広がる森林、そして連なる八甲田連峰。これぞまさに絶景という風景が広がっている。

b03.奥入瀬渓流

  十和田湖畔の子ノ口から焼山まで、美しい自然林の中を約14km続いている奥入瀬渓流。清流、滝、岩など、様々な見どころがある。森の中をバイクで走るだけでも心が洗われる。渓流に沿って遊歩道が整備されているので、ここではバイクを置いて歩いて散策しよう。

b04.十和田湖

  青森県と秋田県にまたがる十和田湖は東北を代表する景勝地。湖の周りは大自然、深い森と山々に囲まれている。周遊する道には展望台がいくつもあるので、寄り道をしながらお気に入りの展望台を見つけよう。合わせて湖畔にある「乙女の像」にも立ち寄りたい。

b05.八甲田ゴールドライン

  青森市内と十和田湖を結ぶ、ダイナミックな大自然、深い森林、繊細な渓流、高原の道など変化に富んだおすすめツーリングルート。走っても楽しいが、同時に八甲田山の絶景、酸ヶ湯や猿倉温泉などの温泉も楽しめる。開通時期の雪の大回廊もいつか見てみたい。

b06.八戸朝市

  青森を代表する港町、八戸の朝市はあまりに有名。毎週日曜日の早朝から、館鼻岸壁で開かれる巨大朝市は、八戸港の鮮魚や干し物などの魚介類から、野菜、果物、惣菜、コーヒーにスイーツ、パン、骨董品まで何でも揃っているので、歩いているだけでも楽しめる。

b07.せんべい汁

  青森県八戸市の名物、せんべい汁。肉、魚、野菜、きのこなどの入ったダシ汁に小麦粉と塩で作った、鍋用のせんべいを割入れて煮込んだ郷土料理。食べた感じは「すいとん」や「だんご汁」に近かった。具のダシが汁とせんべいに染み込んでいて、おいしかった。

b08.元祖いかずし

  一見北海道のいかめしに見えるが、ボイル加熱したいかの中にはキャベツなどの生野菜が詰め込まれ酢漬けになっている。ごはんは入っていない。弾力のあるいかとシャキシャキ食感のキャベツの組み合わせが絶妙。僕は下戸だが、酒のつまみにピッタリそうだ(笑)


観覧履歴